HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥の仕事

スパニッシュ・ブルームのかなり太い枝が、
フェンスを飛び越してもう数年になる。

道路から3・5メートルほど高い場所なので、
風に揺られる度に曲がった部分に傷が付き、みすぼらしくなってきた。

思いきってカットしてしまおうと、買いたての鋸でゴリゴリと切り始めたが、
手首ぐらいの太さなのに、堅くて堅くてうまくいかない。

この樹はプロヴァンスの山に咲いていた花の種を拾い、
蒔いて育てたものだから、樹齢はかれこれ20年は超えている。

蝶の形をした甘い香りの黄色い花が咲くので、エニシダとよく間違えられるが、
枝の付き方と花の構造がちがうようだ。

ブルームとは箒の意味で、
しなやかで細いひも状の葉を束ねると、ほんとうに簡易箒になる。
一説によると、魔女が空を飛ぶときに乗るのはこの箒だとか・・・。


2011_0222_164823-P1140425_convert_20110223014434_20110223014906.jpg

ようやく切り落とした枝の切り口を見ると、堅いのも道理で細い線が重なったような年輪だ。
それより驚いたのは、枝の片側に直径1.5cmほどの丸い穴があいていた。
穴は3個あり、いずれも職人が機械であけたように美しい円だ。

誰の仕事か?
すぐに頭に浮かんだのは、先日ガラス戸にぶつかって脳震盪を起こし、
我が家に1泊していったコゲラのことだった。
(2月4日のブログ参照)

2011_0222_164800-P1140424_convert_20110223015106.jpg


それにしてもあの細いくちばしで、よくもまぁこんなにきれいに穴をあけたもの・・・。
深さは3cmぐらいあるが、虫か何かの獲物はちゃんと捕れたのだろうか。
この鳥の仲間のキツツキ類は、ドラミングといって空洞になっている樹をくちばしで叩き、
中の状況を調べるが、コゲラはどうなのだろう。
それとも違う鳥が来ているのか…。

ほんとうにごくろうさま、そして、虫を取ってくれてありがとう!!!

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。