HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高熱が続く恐怖の「Rose fever} ①

思い切って打ち明けるが、私は今奇妙な病気に罹っている。
このビョーキは免疫性が強く、
一度抗体ができるとその後は落ち着くので、それほど気がかりではなかったが、
ここ数年来周囲の知人、友人の間で、再発の話をよく聞くようになった。

病名を明らかにすると専門用語で「Rose fever」、日本語に訳すると「薔薇熱」という。


P1120047_convert_20100525011636.jpg

症状は、初期の段階では薔薇と訊くとなぜか懐かしさを覚え、
シューベルトの「野ばら」などを口ずさみながら、
雑誌の特集をスクラップしたり、カタログを取り寄せる、
散歩と称して近所の薔薇を見て歩いたりする程度で、
再発はしない。

ところが、一度この菌が体内の中枢部に入ってしまうと、
ほとんどの人が突発性の高熱と悪寒、震えなど薔薇熱の症状を覚え、
特に目がぎらぎらと光る例も報告されている。

年齢的には女性の場合、子育ての手が一応離れ、
自分の時間ができた30代後半から40代前半にかけて始まり、
稀には介護の役割を果たした70代の例も珍しくはない

男性の場合は、感染のきっかけが3回考えられる。
まず、マイホームが手に入ったとき、
幸せのシンボルとして78%の家庭で、薔薇を垣根に植えている。
また、性格的にオタクと呼ばれている人たちにも薔薇の愛好家は多く、
定年に達した男性が薔薇の道へ進む例も顕著である。


P1120391_convert_20100622182146_20100622182549.jpg

中期の症状は、患者といっても環境も懐具合も違うので、断定はできないが、
誰でも所有熱という新たな熱を伴うようである。

「薔薇は難しい」と聞いていたので手を出せなかったが、
最初の一鉢二鉢をクリアすると、
俄然勇気が沸いてきて、怖いもの知らずというか、
いきなり難易度の高い薔薇に挑戦する大胆な人もいるようだ。

結果、やはりこの道はそう甘くはなく、うどん粉病や黒点病、アブラムシ、
葉ダニなどのお定まりの病気と害虫に悩まされつつも、
頭の中はさながら3Dのイングリッシュガーデンとなっている


bara1.jpg

素敵な薔薇をゲットして始まった、「薔薇のある暮らし」は、人さまざま。

参考書に付箋をはさみ、英文字で薔薇の名前を書き出してはルビをつけ、
いかにも言い慣れているように、
何度も発音の練習をするエレガントな奥様をめざす人、

少しでもお安く買って、種類を増やしたいと、
ネットのオークションを必ずチェックし、
バラトモ(薔薇友)との情報交換で、
セット売りやスペシャルセールを上手に利用する人、

庭がなくても、シーズンには薔薇のある公園や名園をめぐり、
手間をかけて世話をしなくても、
「最高に美しい時のいいとこ取り」を楽しむ賢い人・・・・


P1120772_convert_20100714233745.jpg


私のグレードは自覚症状から推測すると、
この中期に該当するようだが、
どの例かはまだ伏せておく。
もしかしたら、さらに病状は悪化しているかもしれない。

P1120406_convert_20100622183126.jpg

さて、恐ろしい末期的な薔薇熱とは・・・。                                   
                          続く



HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。