HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パプリカのイタリア風ソース

この前デパートへ行ったのは、いつのことだったろう。
おそらく4~5年は、ご無沙汰していると思う。

めぼしい買い物はネットで買うことが多く、
日常的な品は、すぐ近くのスーパーで充分間にあう。
新鮮な青果類は、農家や農協の直売所へ出かけるが、
旅の途中で立ち寄る道の駅なども、よく利用している。

P1130367_convert_20100815180415.jpg

この巨大なパプリカは、れっきとした国産ものだ。しかも、1個がたったの50円。
卵のサイズと比較してみると、どれほど大きいかよくわかる。
長野県の「道の駅」に並んでいたが、どうやら買う人が少ないようだ。
私が20個ほど買ったら、生産者と奥さんがレジを済ませた私を、入口近くで待っていた。、

「たくさんのお買い上げ、ありがとうございます。
このパプリカ、あんまり大きくて不気味だからか、それとも韓国製と誤解されてのことか、
売れ行きがよくないんです・・・・。
よかったら、奥さんの利用法を教えてください」

P1130402_convert_20100815180830.jpg

「私がよく作るパプリカのパスタソースは、イタリアンぽくて、けっこう評判ががいいのよ。
なにしろ簡単なのが、一番ですからね。

パスタが茹であがったらすぐにソースを掛けられるように、
ソースを先にを先にく作っておくこと。当たり前なんだけど、もたもたしたことがあるので・・・」

P1130403_convert_20100815181754.jpg

作り方
① パプリカはたて半分に切り、種とワタをとる。

② 天板に皮を上にしてパプリカを並べ、焼き色が付くまで焼く。

③ 少し冷めたら表面の皮をむき、7~8ミリぐらいの短冊に切る。
  この時のジュースが甘くて美味しいので、水で洗わないこと。

④ 塩、こしょう、オリーブ柚、すし酢でドレッシングを作り、パプリカを和える。
  このとき手で混ぜると、ぐんと味がよくなる。

⑤ アクセントにバジルの葉を少々飾ると、お洒落な感じに。

*、このほか、オムレツに添えたり、オードブルの軽い一皿としても使える。
  瓶詰にして保存食にも。
  なにしろ色が美しいので、まさに食卓の華といえよう。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。