HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑ーい日にはマルベリーの飲み物を

P1120905_convert_20100719081329_convert_20100721110807.jpg

「暑いわねぇ」が、「こんにちは」のあいさつ代わりになる毎日だが、
今日はいくらか涼しい朝になった。

今朝の起きぬけの飲み物は、7月頃に作っておいた自家製のマルベリーージュースだ。


P1120694_convert_20100719215008.jpg

はてな、マルベリーって何だっけ? と首をかしげる人がいるかもしれない。
これ? なあんだ、桑の実じゃなぁい? 


P1120686_convert_20100614214238_convert_20100717083352.jpg

そうです、よくご存じで。
でも、これは「西洋桑の実・マルベリー」の名前でリストに載っていたのを、通販で手に入れたもの。
上の写真が実物大だから、これまでの蚕用の桑の実の2~3倍は大きいのが特徴だ。
毎年よく実がつくし、甘みもあるのが気にいっている。


P1120639_convert_20100614213803_20100717083128.jpg

収穫を始める7月頃は、1本の樹から毎日このぐらい摘め、
次第に量も増えて行く。。


P1120640_convert_20100614161428_20100717083031.jpg


未熟な赤い色の実は酸味が残っているので、もう少し待つこと。

P1120879_convert_20100717082830.jpg

果実が全体に赤黒く熟れ、このぐらいの色になったら摘み取る。
ファスナー付きのの冷凍保存袋へ入れ、袋の上からつぶすと簡単にジュースがとれる。

適当な甘さになるように砂糖を加え、冷蔵庫で保存しておく。
2~3日分が溜まったら冷凍庫へ移し、好きな時に溶かして利用する。
ジュースは冷水や炭酸水、エールなどで割り
、搾った残りはジャムにしてヨーグルトなどにかけると、
きれいなワインレッドのトッピングになる。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。