HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで絵のような…

P1110013_convert_20100502230311.jpg

今、花屋やガーデンセンターには「母の日」が稼ぎ時とばかりに、
にぎにぎしく飾り立てた、カーネーションの贈答用鉢がどっさり並んでいる。

びっしりと寄せ植えにしたり(可哀そう!)
レースをつけたり(こんなの似合わない!)
白雪姫と小人の人形まで付いている鉢(何たる悪趣味!)もあった。
ただであげるといわれても、いらないものばかりで、
肝心のカーネーションには、香りがないのがほとんどだった。

何だか白けてしまい、踵を返そうとしたら、
サービスワゴンの中に入っているラナンキュラスの小さな束が、目にとまった。

頭が重いので首に負担がかかり、蕾のまましおれてしまいそう・・・・。

半分は使えないもとと思い、2束を求め、
水揚げをしてから、空色のマグカップに活けておいた。

庭仕事を終えて部屋に戻り、テーブルを見ると、、
まぁ、まるで絵の中から抜け出してしてきたようなお洒落な花が、
にこにこと笑っていた。

私もニコニコ顔で、今も見惚れている。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。