HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のしるし、一袋200円也

ソメイヨシノが葉桜になり、
ある種のさみしさを感じる頃、豪華な咲き方をするのが八重桜だ。
八重咲きの桜を一般的に牡丹桜とよぶようだが、
重なり合った牡丹の花びらを思わせる美しさには、心の奥深いところを揺さぶられるような何かがある。

近所の農家にみごとな「関山」の古木があり、
花の季節には買い物に行くのにわざわざ遠回りをして八重桜を垣根越しに眺めたこともあった。

P1110002_convert_20100429223556_20100430231631.jpg

「お姉ちゃん、はい、お土産よ」
小田急沿線に住む妹がドライブがてら箱根方面へ出かけ、山北の農作物販売所で求めたものだとか。
ざるにあけてみたら、入りきれずにこぼれ落ちるほどの量が入っていた。


P1110004_convert_20100430003007_convert_20100430004112.jpg

P1110007_convert_20100430004820_20100430231631.jpg

塩漬けにして自家製の桜湯を作ろうかしら。
それとも、しばらくぶりにポプリでも作ろうかしな・・・・。・

ただ眺めているだけでも嬉しい春のしるしを、ありがとう。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。