HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目覚めれば銀世界

雨から霙に変わったのは、昨夜9時ごろだった。
「寒いわね」と友達からメールが入ったが、今夜の寒さには厳しさがない。
これでは、水気の多い重たい雪になりそう・・・・。

R9322334_convert_20100202100504.jpg

6時半に起床。
カーテンをあげると、庭は銀世界と化していた。
というとちょっとオーバーかな? 
昨日までのすがれた冬景色とは、まったく異なるモノトーンの庭がかえって新鮮に見える。
アーチの向こう側に植えたマートルが、、雪の重みで「こんにちは」状態になっている。
ジャパニーズバナナ、パパイヤ、ジンジャーリリーなど、
南方系の植物は耐寒性がないので、葉がぼろぼろだ。
でも、私は生きていて春には蘇えるような気がしてならない。


R9322332_convert_20100202104708.jpg

ハワイ土産の種子から育てたマカダミアンナッツの樹。
雪の重みで枝が垂れ下がり、1本折れてしまった。
雪を払うと、バネになってはじけ、もっと折れてしまいそうなので、
自然に溶けて行くのを待つことにした。

R9322333_convert_20100202100809.jpg

庭のテーブルに積もった雪を計れば、降雪量が解る。
東京では1センチだったそうだが、ここでは7センチもあった。
垣根に生っている果実は、柑橘系の「ぽめろ」。

R9322331_convert_20100202101246.jpg

ジャスミンやパッションフルーツなどは、ビニールのごみ袋の中へ入れただけでもずいぶん違うもの。
雪が溶けたら、、チェックしておかなければ・・・・。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。