HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐保姫様 ありがとう

ここ数日の暖かな陽気で、ふくらみ始めていた河津桜のつぼみは、
一気に開きそうな気配だ。
24日に、最初の一輪を紹介したので、比べてみよう。


R9322294_convert_20100130211506_convert_20100130211737.jpg

硬かったつぼみがかなり開き始め、花色も冴えざえとして美しくなった。
それにしてもただの棒のような枝から、これほど魅力的な花が生えてくる不思議について、
昔の人々はどのように思っていたのだろう。

枯れ草だった野原は、いつの間にか野の花の絨毯となり、
裸の樹々には、緑の濃淡の地色にさまざまな花の縫い取りをした着物をきせて・・・。
これは春の女神の佐保姫様でなければが、出来ない仕事だ。


R9322297_convert_20100130210845.jpg

R9322295_convert_20100130211132.jpg


スーパー早咲きのこの河津桜の故郷は、文字通り伊豆地方の河津である。
昨春、妹たちと桜と吊るしひな を見に行ったことが、なつかしい。

このときの小さな旅を綴った、2009・2・17~19日のブログを、どうぞ。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。