HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月の名残で

R9322184.jpg

お正月が過ぎてから、近くのスーパーでの買い物が楽しい。
肉類、伊達巻や蒲鉾などの練りもの,解凍した魚類などは完全に店頭から撤去することになっているらしいが、私の狙い目は、ユリ根だ。
大晦日まではたしか2級で千円を越していたのに、プライスダウンしてこの値段に!!!


R9322187_convert_20100111155540.jpg


直径が10・5センチの球根が1個230円だから嬉しい。
どんな種類かはわからないが、咲くまでのお楽しみだ。
ちなみに昨年の夏に開花したユリは、
見事な花をたくさんつけたオレンジ色のコオニユリだった。
(2009/2/20、2009/6/2を参照)

R9322196.jpg


こんなにきれいで大きな球根は、花屋に売っていないかも・・・・。
2パック買ったが4という数字は縁起が悪い。
というのはへ理屈で、味を試してみたかったのだ。

さて、昨夜はスペシャルなユリ根の一皿を作ったところ、大好評だった。
気がついたときは、全部平らげてしまったあとで写真がない。
どうか想像して、味わっていただきたい。

ユリ根のウニソース

① ユリ根は一片ずつ丁寧にはがし、おがくずを洗い落として水気を切っておく。

② フライパンにオリーブ油を入れて温め、中火でユリ根を静かに炒める。

③ 8分目ほど火が通ったら、白ワインか辛口の日本酒をふりかけ、塩、胡椒で味を整える。

④ 最後に、スプーンで軽くつぶしておいた生ウニを加え、からめるようにかき混ぜる。
  この時点で、ちょうど食べごろになるように火加減をコントロールすること。

⑤ 話題がはずむオードブルとして最適だが、正直のところちょっと心が痛む。

料理はともかく、ユリ根を見つけたらぜひ買うことをおすすめしたい。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。