HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つる草で編んだ小さなバスケット

暦の上で今日は「大寒」。
一年中で最も寒い日のはずなのに、日本列島がポカポカ陽気で、
報道によれば、早くも宮古島では蝉が鳴き出し,鹿児島ではオタマジャクシが生まれている。

夕方になってっもまだ暖かい。
薄手のジャンパーを脱ぎ、気がついたら木綿のカットソーで庭掃除をしていた。

「これでおしまいかな?」
霜が降りるたびに何度冷や冷やしたことだろう。
露地で年を越したトウガラシにたっぷり水をやり、
色とりどりの「火の玉果実」を、手編みの小さなバスケットに収穫した。


kagoR9322039.jpg

冬の色に衣替えした庭は、木の葉が落ちてすっかり明るくなった。

このバスケットは、取っ手とフレームは藤づるを使い、例のヘクソカズラで編んだもの。
今は乾燥しているので、この細いつるはすぐにカチカチに硬くなり、
折れやすくなってしまう。

逆光で撮影したシルエットの写真は、おそろしい。
昨日できたばかりなので、こまごまとした仕上げがまだ済んでいないことがよく分かる。

kagoR9322046.jpg

取っ手とかごの縁の部分を、固定するときに使う編み方。
習ったわけではなく、アメリカのバスケットの本を見ていたら編めるようになった。
上手ではないけれど、思ったよりも簡単にでき、考えながら創るのが何より楽しい。


kagoR9322044.jpg

トウガラシのサイズに合わせて作ったようなもの。
しっかりとした目的が最初からあると、
大きさもデザインも次第に決まってくるから不思議でならない。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。