HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐辛子のお嫁入り

のろのろ台風の20号がやっと高気圧に変わってくれたと思ったら、
またまた21号が南方で発生したとか・・・・。
この頃はおかしなことが多い。
10月も終わりというのに、まだ台風が来るのはイレギュラーだし、
花屋には、9月からパンジーやワスレナグサの開花株が並んでいた。
びっくりしたのは、ダリアの苗を先週見かけたことだ。
一体どうなってしまったのだろう。

今年は、庭のリニューアルが終わらないうちに夏になってしまった。
そのうえ、腰痛でドクターストップがかかったために、
あまり庭の世話ができなかったことが、残念でならない。
それでも元気にたくさんの果実をつけて、秋の庭を彩っているのは、唐辛子たちだ。
暖冬のおかげか、無加温のガラスハウスで生き延びたのは、30品種余り・・・・。
収穫しても二人暮らしの我が家では、使いきれない。
そこで、今年も唐辛子のお嫁入りの支度にいそいそとしている私だ。

R9321701.jpg

R9321690_20091024000835.jpg

R9321692.jpg

R9321696.jpg


嫁ぎ先は、絵描きさん、辛いものが大好きな友人、唐辛子マニア、 料理家、理科の先生etc.
せっかくだからちょっとおめかしなどをして、送り出している。
例えば、今年はこんな感じ。
小さな仕切りの入った3段重ねの箱に、宝石のようにセットしてみた。
この頃は、唐辛子の大きさに合わせて、カルトナージュのテクニックで箱を作ることも多い。

興味がある方は、これまでのアーカイブスの10~12月あたりを検索してくださると、
自分で編んだ小さなバスケットに詰めたものや、唐辛子の首飾り、
唐辛子料理とパーテイなどが出てくるはずだ。

唐辛子の紹介は、この次に。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。