HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋色の吹き寄せ

R9321658_20091024002706.jpg

今日は24節季のうちの「霜降」。
これは、初めて霜が降りることを言うが、温暖化のせいか昨年の初霜がいつだったか覚えていないぐらいだ。
庭の様子は、
霜よりもこの前の台風18号でダメージを受けた傷跡がまだ癒えないせいか、
どことなくぱっとしない。

そのなかでも、鮮やかなトロピカル色が際立っているのは、唐辛子の一角だ。
エナメルのような照りのある果皮にユニークな形・・・・・、辛さの度合いもいろいろで、
並べてみるのが楽しくてならない。

日本古来の文様に、「吹き寄せ」がある。
花や葉が風に吹かれて、入り混じった文様を指すが、
こうして唐辛子の吹き寄せを眺めていると、絵を描いたり、
生地に美しくプリントしてみたいと思う。
Ⅰ年をかけて、たくさんの種類を育てているのは、
この吹き寄せ遊びを、楽しみたいからなのかもしれない。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。