HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げないめんどり

R9321356、090718、

テラコッタ製の雌鶏(めんどり)を花壇の前に置いてみたら、
小鳥たちが遊びに来る数が、増えたような気がする。

今日のお客様はキジバトだ。
撒いておいた古米を、雌鶏に負けないように、せっせせっせとついばんでいる。
それにしても、この雌鶏は細部のデテールをかなり省略しているのに、
こうして庭に配置すると、まさに生きているようだ。
やはり、ジムキーリングによる作家ものは違う。

園芸を楽しむ人なら、誰でも Whichford Pottery の植木鉢を欲しいと思うに違いない。
ここで作られた鉢はデザインがお洒落で、
この鉢が数個あるだけで、その庭の印象ががらりと変わるのだ。
何よりも植物がよく育ち、霜保障がついているように寒さにも強い。
今もあるかどうか分からないが、
ジム・キーリングのアトリエというか窯元を訪れたときに、
この雌鶏とナメクジ取りの壷を求め、機内持ち込みにして帰国したことを思い出した。

この雌鶏は逃げないので、庭のあちこちに移動させて、アクセントにしている。

ちなみに庭に来る鳥を数えてみた。
シジュウカラ、コゲラ、メジロ、カラス,スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、オナガ、カワラヒワ、モズ、
キセキレイ、キジバト、ドバト、ツグミ、ジョウビタキ、コサギ、ツバメ、・・・etc.

四季を通じていろいろな鳥が来るが、
鳥の勧誘ができるものなら、カッコーにぜひとも来てほしい。

カッコー、カッコー・・・・・・。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。