HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバティプリントをヒントに ③

私は、大きなミスを犯していた。
「リバティプリントを真似て」,などといい気になっていたのが、じつに恥ずかしい。
この偉大なデザインは真似ることなどできはしない。パーフェクトだからだ。
こんなことはリバティに対して失礼なことだった。心から申し訳ないと思う。

それでも花を並べて遊んでみたいときは、
「リバティプリントをヒントに」としたら、失礼に当たらないのではないだろうか。
雪のちらつく庭から摘んだ草花で、こんな絵を描いてみた。

下の写真を見て、Field flower がヒントになっていると分かった人は、すごい。

rib11.jpg

Field flower の絵柄は個体がもっと野性味のある植物で、
並べ方も天地が逆になっているものも入っている。
しかし、雰囲気は出ているような気がするのは、私だけだろうか。

振り返ってみたら、2008年の4月18日にも、青い花で同じような遊びを行っていた。
21日、23日に記されている春の草花はロマンティックで、
30日あたりには黄色のモッコウバラが満開となっている。

桜が咲いているのに、この寒さはどうしたことか。

こうした花遊びも、来年のための自然環境資料となると思えば、
花の並べ方にも力が入る。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。