HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の香りを亡き友へ

Mさん、
今日は「秘密の丘」へ、行ってきました。
毎年、桃の花の季節になると鷺沼駅まで迎えに行き、
私の黄色いカブトムシで例の場所へ二人で通っていましたよね。
それなのに、Mさんは逝ってしまったので、今年は一人。
でも、なんとなくまだ傍にいるような気がして、
何度か「きれいねぇ、ほらあそこ」などと話しかけそうになりました。

「秘密の丘」に、二人で何年通ったでしょうね。
多摩プラーザの駅から柿生方面へのバス通りを、ちょっと左へ入っただけで、
そこは桃源郷。
丘の斜面に緋色や桃色、白などの桃の花が一斉に咲き始め、
土佐水木や日向水木が淡い色を添えていました。

顔見知りになった近くの農家へ寄ってみたら、
蕗の薹をこんなにいただきました。


fukinotou.jpg

「アレ、いつも来ていたもう一人の奥さんは?」と、聞かれたので、
「あの友達は、今旅行中なんです」と答えておきました。

遠いところへ旅立ったMさん、
天国って本当に花が咲きみだれて、小鳥がいい声で鳴いているんですか。
もうお友達ができましたか。
俳句の吟行やステンシルなど、趣味を続けていますか。

今年は暖かい冬だったので、蕗の薹の伸びも早いようです。
蕗味噌や天ぷらにして、写真にお供えしましょう。

春の香りを楽しんでくださいね。

                        せい子

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。