HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレージの秘密

花屋の店先には、歩道まであふれるように花苗や鉢が並び始めた。
夫を駅まで送る途中、2箇所ほど気になる店がある。
運転しながら目線が横にそれるのを察知するのか、
その都度夫から「もう買うなよ」といつも釘を刺される。

「高価なダイヤモンドや、毛皮ではないのよ。勿忘草やヒナゲシの苗を買ってどこがわるいの?
しかも自分のお金で買うのに、文句など言わないでよ」
と、何度口答えをしてきたことだろう。
これは毎年、今頃の季節から始まる終わりの無い攻防戦だ。

こんな風に書くと、がちがちのけちんぼで、花などに理解を示さない夫と思われるかも知れない。
彼の名誉のために言っておくが、彼はノーマルな人で、私のほうが異常なのだ、きっと。

植物なら何でも欲しいというわけではない。
柄にも無く、ロマンチックな草花とか、香りのよい植物、
ピンクからブルー、パープルの花などが私の好みで、いくらでも欲しい。
だから夫は、同じものをまた買ってどうするのだ、と思うのだろう。

ところが、ザ~ンネンでした。
同じように見えても違う品種や色変わり、斑入りなどの場合もあるんですよー。

また、彼は庭仕事が腰痛をさらに悪くすると心配して、
「これ以上花やハーブを増やすな」と注意してくれているのもわかる。
ところがである。庭へ出ると痛みがどこかへいってしまい、
植え付けやポット上げのときでも腰痛を忘れてしまうのには、我ながら首をかしげている。

夫の職業柄、家で仕事をする場合も多い。
だから、内緒で花の苗を買ってきたときに、
運悪くバレる危険性がある。
それには、こんなくふうをしている。
40年近く乗っている私の黄色いビートルはリアエンジンで、
前のボンネットが荷物入れになっている。
第一段階はここに入れて帰宅し、様子を見てから荷物を家へ入れる。

次に、ボンネットに入らないものはガレージの隅に置き、
グリーンシートでカモフラジューをする。

今日はチュベローズとネリネの球根を、買ってきた。
これもガレージの中のある場所に、何気なく隠してある。
天気が回復したら、植えてしまえおう。そうすれば、わかりっこないはず・・・・。

我が家のガレージには、車だけでなく秘密もたくさん並んでいる。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。