HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りの小さな紙袋

kamikami1.jpg


私がわずらっているビョーキのひとつに、
《 KAMI・HIMO・NUNO症候群 》という厄介な慢性病がある。
まだ小学校へ上がる前に発病して以来、
60数年の間、完治するきざしはない。
何しろ 《捨てられない炎 》と《ため込み熱》も潜伏しているので、
こまごまとしたモノが増えて増えて、困ったものだ
(と対外的にはふりをするが、実は困ってなんかいない)

それでも、「今日は少し捨てなくては・・・」と、
殊勝な気持ちから、古い雑誌や包み紙の整理を始めた。
ところが微熱が出始め、気がついたらこんな紙袋ができていた。

kamikami2.jpg

これらは、和菓子の包装紙、イギリスの園芸誌、ハトロン紙などとリボンを組み合わせて作ったものだ。
リボンも、お菓子の箱に使われていたものや、短くなって使えないものなどでも、
小物になら充分使える。
 
私はよくこんな袋を作ってストックしている。
ちょっとしたものを手渡すときに、
どこにも売っていない手作りの小袋に入れて差し上げると、いつも喜ばれるからだ。
それよりも、作っているときの楽しさは、何といったらよいだろうか。

いけない。熱は下がるどころか、またぶり返してきたようだ。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。