HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和風ハーブの春一番

昨年までは、
今頃なら下の庭でフキノトウがぽこぽこ顔を出しているはずだった。
ところが長男の家を建てるために、すべての緑を失ってしまった。

後遺症は思っていたよりも重く、
今頃はプラムのつぼみがつき始める時分・・・・と思い出したり、、
月桂樹の花が咲いている夢を見たり・・・、
まだまだ、傷口が乾いていないようだ。

しかし、残っている上の庭で、昨日嬉しい発見をした。
まだ枯れ草状態の植木鉢の中から、春のしるしが顔を出していたのだ。

fuki11.jpg
fuki22.jpg

庭の引越しもばたばたとして、
どこに何を移動させたか覚えてないほど、あわただしかった。

そうか、蕗はこの隅に置いた大きな植木鉢に移しておいたのだった。

今はまだごちゃごちゃしたままだが、
今年の庭仕事のテーマは、リニューアルだ。
日当たりも悪くなり、半分になってしまった庭を、
いかに気持ちのよい庭に作りなおすかが、大きな課題だ。
よく考えてソーニングをして、しかるべきところに蕗を収めよう。

春一番の和風ハーブだけれど、
今はもったいなくて使う気分にはなれない。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。