fc2ブログ

HOME:広田せい子のハーブガーデン

ワシントンの友人

今、真夜中の1時。
もうすぐ、アメリカのオバマ新大統領の就任式が始まる。
会場となる連邦議会議事堂は、
以前、ワシントンD.Cにある国立樹木園内の、
ナショナル・ハーブガーデンで研修していたときに、
毎日のように仰ぎ見た建物で、なつかしい。

というのは、研修期間中ホームステイでお世話になった、
ハーブ研究家のホリー・シミズさんは、
議事堂の右側にある連邦植物園に勤務していたからである。
ボルチモアの閑静な住宅地にある彼女の家から、ワシントンまでは、
ポトマック川沿いに車で約20分。
通勤の行き帰りに、私を樹木園まで同乗させてくれた。

ナショナルハーブガーデンはアメリカハーブ協会が創立60周年を記念して募金活動を行い、
国立樹木園に寄付したもので、ホリーが初代キュレーターを務めた。
ここは一般にも公開されており、ハーブ愛好家の聖域ともいわれる場所だ。

次に勤務した連邦植物園も、
彼女の植物に対する愛情と並々ならぬ探究心、企画力で大きく変わった。
昨年の4月にはその功績により、
アメリカ園芸協会から'Great American Gardener’s Aword’を受けている。
彼女は交際範囲が広いから、今回の就任式を見たい友達や知り合いたちが、
家や職場へまで押しかけているのではないだろうか。
ハーブのご縁で知り合い、家族でわが家にも滞在したことのあるホリーは、
今やExective Directorの要職についている。
きっと、政府から招待されているにちがいない。

あらら、もうすぐテレビが始まる時間だ。

HOME : TOP

Monthly