HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫いものアイデア・デザート

野菜かごの中に、紫さつま芋が2本残ったままで半月が過ぎた。

オーヴンで焼き芋にしたら、水っぽくて美味しくなかったし、
煮てみたら紫色が不気味で,食べる気にならなかった。
はてさて、どうしたものか。

deza-to1.jpg

一見、小鳥の餌のように見えるが、そうではない。
うまくいったらお慰み! これは私のひらめきクッキングなのだ。
紫芋は厚めに皮を剥き、サイコロのように切る。
リンゴとオレンジも、同じぐらいの大きさに切り、耐熱性の容器に入れる。
干しブドウをたっぷりのせ、レモンとオレンジの絞り汁、それからコアントローを多めに降りかける。
容器にラップをしたら、電子レンジで5~6分加熱。


imo-1.jpg

さぁ、できました。まぁ、色はきれいねぇ。
でも、肝心のお味のほうはどうかしら。
ヨーグルトもかけてみるわね。


imo-2.jpg

うん、これはいけますね。甘味がほしい時 は、
蜂蜜とか、ヨーグルトについてきた粉砂糖をかけるといいかも・・・。

というわけで、ひとまず大成功。
何かお洒落な名前を考えましょう。

*よく出てくるこの皿について,どこの窯のものかと、お問い合わせがあった。
これは20数年前に求めたローラアシュレイのデザート皿で、
大きなオーバルのプレートと、フルーツパンチ用の大きめなボウルと、セットで。

紫芋が2本、野菜かごの中で

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。