HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青リンゴ・ブラムリーの不思議な力


何事も、育って行く様子を見るのは、うれしいものだ。

朝起きて第一番にのぞいてみるのが、
「ブラムリー・ファンクラブ」のブログである。

http://blog.livedoor.jp/apple5555/

[:青りんご:]
ブラムリーとは、イギリス生まれのクッキングアップルで、
日本に導入されてまだ日が浅い。
このリンゴの特徴は、おっと、ここで私が説明をしなくても、
ブログを見れば分かることだ。

[:青りんご:]
ただし、書いてないこともある。
それは、何らかの形でブラムリーに接したことのある人は、
不思議なことに、ブラムリーのために何かしたくなるのだ。

例えば、導入に並々ならぬ尽力をされたAさん、
ブラムリーを育てた長野県小布施町の人々・・・・。

[:赤りんご:]
特筆すべきは、
RHSJ(英国王立園芸協会日本支部)のKGC
(キッチンガーデンクラブ)の有志が中心となって、
「ブラムリー・ファン・クラブ」のブログを立ち上げたことである。

園芸好きなメンバーだけあって、さすがにブログの育て方が上手だ。
最初は人々の輪は小さな苗だったのに、今では枝葉を伸ばしたリンゴの樹となり、大小さまざまな実を着け始めた。

[:青りんご:]
大きな果実に値するAさんは、リンゴ研究家として、新宿高野のカルチャーサロンでクラスを開くことになった。
その他、料理のレシピの翻訳や創作料理など、小さな果実も毎日のように更新されている。

チームを組んで、張り切って編集している若手メンバーの表情が見えるようだ。
疲れたり、心にささくれがある日などにのぞいてみては? [:青りんご:]

★このページは2007/09/29 に記したもの。
 誤って削除してしまったが、復活させた。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。