HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻となったブログ

あぁ!!! なんということだろう!!!

最近、こんなにがっかりしたことはなかった。
元はと言えば、メカに弱い私の勘違いが原因なのだが、
9月28日から10月2日までのブログを削除 してしまったのだ。
メールならゴミ箱から拾うことも可能だが、インターネットの削除は救いようがないというか、永遠に消えてしまうのだという。

「何だ、そんなことたいしたことではないんじゃない?」
と思う人が多いだろうが、私にとってはとても大切なことだ。
[:植物:]
じつは、私はこれまで日記を続けて書き通したことがなかった。
いくら立派な日記帳を持っていても、三日坊主で投げ出したり、スケッチブックとか落書き帳にしてしまうなど、結果は毎年同じだった。

昨年から不定期に日記として、日々感じたことを綴ってきたが、
今年の元旦から一念発起して、毎日休まずに書いてきたので、5日間の欠落にがっくりと落ち込んでいる。
[:青りんご:]
これには理由がある。
幼稚園や小学校の絵日記や宿題などを、いつもぎりぎりに提出していた次男が、
「めざせ! 毎日更新」を合言葉に、4年間も「広田泉の撮影日記」(右横のLINKSをクリック)を書き続けている。
私は毎日のぞくブログで、次男が元気なことを知り、今まで知らなかった彼の一面に触れたり、仕事の内容や経緯などについても、自然体で伝わってくるようになった。
4年間のブログを客観的に眺めていて、大きな進歩を遂げているのは、文章だけではない。物事への目の付け所が、定まってきた点にも現れている。
[:植物:]
「彼に出来るのだから、私も毎日続けるよう頑張ろう」
そう決心してからは、いくら忙しくても書くことにした。そして、続けることが面白くなってきた。
テーマはいくらでもある。しかし、文として体裁が整い、写真とマッチさせるとなると、容易なことではない。

それに私の文は、長すぎる。ぐだぐだが多すぎて、第三者の読者は付き合いきれないと思うなどという反省も、書いてみることでよく分かってきた。

これまで、原稿を頼まれて書くことは数多くあった。けれども、自分でテーマを決め、最初から最後までやり通した例は、意外にも少なかった。
対して、このブログはいわば一人で、企画、立案、取材、執筆、撮影、デザイン、校正までできるのだ。その代わり、責任は自分で取らなくてはいけない。

よく主人が撮影してくれていると思われているが、こんな稚拙な写真が、プロの主人の撮影だとしたら、本当に申し訳がない。
写真のほとんどは、私がNikonのcoolpix s50で撮影してきた。
ただ一つ手を借りているのは、先述したように私はメカに弱い。そのため、撮影してきた写真を、画面に取り込むことが出来ない。主人の機材を経由して私の画面へ入れるのが、どうもカメラから直接アップできる人と、このあたりが違うらしい。

ときどき、文末に「* 写真はのちほど」と、メモを入れたのは、こうした理由によるのだ。

[:青りんご:]
さて、ここまで書いてきて、気持ちの整理も出来てきた。
これも書いてみることで、自分のことを見つめなおすことが出来る長所だといえる。

順番は違っているかもしれないが、確かタイトルは下記の通りだったと思う。
[:赤りんご:]
9/28 色鉛筆を活ける

9/29 青リンゴ・ブラムリーの不思議な力

9/30 私もサルビア 

10/1 鰯のマリネ・タイム風味

10/2 今年の庭のペッパー図鑑

誰かがコピーを取っていてくれたら嬉しいのだが、消えてしまったものは仕方がない。
特に10月1日は力作だったのに・・・。

いずれ、写真だけでもアップしてみよう。
長々とした文に付き合ってくれて、ありがとう。多謝。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。