HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋を告げる青い花

この季節は
庭に出ると、あっという間に蚊に刺されてしまう。
秋の蚊はとりわけかゆみが強く、
平気で顔を狙ってくるから性質が悪い。



刺されるとわかっているのに、
蚊取り線香を二つも下げて、朝の庭へ「突撃」するのは、
露草を見たいからだ。

秋草といえば、河原撫子や女郎花、吾亦紅などもあるが、
私はこの露草が一番好きだ。
Esseyのコーナーの「ルッキング・ブルー」に記したように、
私の名前の中に青が入っているからかもしれない。

英語で Asiatec Day Flowerというが、
一日花で昼前にはしぼんでしまう。
「万葉集」や「枕草子」にツキクサとあるのは、この花のことで、
花弁を絞って衣服にこすり付けて染めるからだ。

そんなことより、アケボノアシと露草のツーショットを見てほしい。
虫の音に耳をかたむけながら・・・。


HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。