fc2ブログ

HOME:広田せい子のハーブガーデン

2メートルを超したトウガラシ

「インドみたいに暑い国では、
トウガラシは木になってるんですってね」
「それじゃ、木の枝にトウガラシがぶら下がっているというわけ?」
「へー、一度見てみたいわね」
こんな話を友だちとしたことがあった。

トウガラシの原産地は、熱帯アメリカである。
だから、冬に零度以下になる場所が多い日本では、
ほとんどのトウガラシがダメージを受ける。
事実これまで40年近くトウガラシと付き合ってきたが、
昨年のように、露地でらくらくと冬を越した年は無かった。



このバルーンというトウガラシは、
面白い形をしている。
チューリップを逆さにしたような形からチューリップとよばれ、
謎の未確認飛行物体に似ているので、UFOともよばれている。
去年は鈴なりに朱色の果実を、数え切れないほど実らせた。
みかけが奇異だから、味もチョウ辛と思いがちだが、それもどでもない。
wingとよぶ突き出した部分は空洞で、種子がないためほ辛くはないのだ。
辛い部位は胎座とよばれるワタの部分と種子が曲者なので、

来客のたびに空洞の部分を食べてみせ、あとはご想像にお任せ。
そんなことをして遊んだトウガラシが、冬を越して今私の庭で元気に生長している。
小枝の先端を伸ばしてみると、私の背丈をはるかに超えて2メートル以上はありそうだ。

今は8月。楽しめる日々はまだまだ残されている。


HOME : TOP

Monthly