HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貝殻にサキュラント

2015_0725_152709-P1290203_convert_20150808154534.jpg

「ねぇ、この多肉の可愛い飾り、どうしたの? 
ふーん、アワビの貝殻に植えてあるのね。
こんなふうなうなガラスの皿にのせると、涼しげで、素敵!!!
私も欲しくなっちゃった。ねぇ、どこで売ってるの?」

テーブルの上の小さな緑を指さしながら、
買い物の途中に立ち寄ってくれた友人のよくしゃべること・・・・。
彼女にはこの手作りが、よほど気に入ったとみえる。

「どこにも売ってないわよ。だって、私が昨日の午後に作ったんですもの」
「本当? でも、難しそうだし、材料を揃えるのが大変じゃない?」

「フフフ、簡単、簡単。それよりとっても面白くてよ」


2015_0725_153759-P1290213_convert_20150808154857.jpg
2015_0725_153722-P1290210_convert_20150808155008.jpg

玄関脇のコンクリートの壁の上に、
いわゆる多肉植物で植え込みを作ったのは、10年ほど前のことだった。
それまでは季節の草花を植えたプランターを置いていたが、
乾きやすい場所のため水やりが大変な上に、植え替えも欠かせない。

そこで、SUCCULENTS(サキュレント)の植え込みを作ってみたら、大正解。
植え初めの時は材料費が少しはかかったが、
草花と比較したらひじょうに格安で、
よそにはないユニークなデザインも楽しめるし、
何よりも、ノーメンテナンスが気に入っている。

猛暑が去ったら、このコーナーをリニューアルする予定なので、
雑然としたままでいたが、
今まで植えていたものを整理している内に、
ばらばらになった葉や茎を捨てるにはもったいなくて、
このミニミニガーデンを思いついたのだった。

ところで、英語のサキュラントとは、
サボテンのように肉厚な葉や茎、花弁などに、
水分を多く蓄えておける植物を意味する言葉だ。
日本では、「多肉と」訳しているが、
私には何だかとても恥ずかしくて、口にできない。
というわけで気障なようでも、サキュラントとよんでいる。


2015_0725_152502-P1290199_convert_20150807120059.jpg

これは、家にあったもので作った卓上オーナメント。
簡単にできるので、作り方のヒントを記してみよう。

サキュレントを集める。
園芸店や100円ショップなどをのぞいたり、友人から分けてもらうなどして。
とにかくほんの少しずつしか使わないので、おおげさに準備することもないが、
色や形、大きさ、質感、などなるべく変化に富んだ葉を集めるのが、こつだ。。

用土は赤玉土の小粒が適しているが、乾いた粒状の庭土でもよい。
気をつけたい点は、肥料を混ぜないこと。
育ち過ぎると形が乱れ、せっかくのミニの魅力がなくなるからだ。

2015_0725_152532-P1290202_convert_20150807121913.jpg

容器に土を少し入れ、
まずアクセントになる大きめな株や葉先を置き合わせてみる。
色や形、ボリュームなどを考えて、デザインが決まったら、
それぞれの植物の端を土に少し埋めるか、少し土をかぶせる。
要は、土に触れたところから発根するためで、細い枝なら挿してもよい。

次は空いているスペースに、小さな個体を丁寧に植えこんでいく。
この時間が、一番楽しい。
これでできあがりだ。


2015_0725_151738-P1290189_convert_20150807120957.jpg

容器はアイデア次第。
貝殻はもちろん、小皿、小さな瓶、瓶のふた、小鉢やブリキの箱も
面白い雰囲気になると思う。
置き場所は明るい室内がベストだが、根付いてからなら窓辺でも平気だ。

水やりは、必要なし。


2015_0725_153030-P1290206_convert_20150807121722.jpg

これは何でしょう?
貝殻の底がガタつくので、
凹凸に合わせて平らになるように作った敷き台。
段ボールを張り合わせ、
海の色のイメージの紙を張って作ってみた。

見かけは良くないが重宝している。
スポンサーサイト

猛暑の庭に吹く風

2015_0716_153225-P1290138_convert_20150727184358.jpg

私は、なんと勝手気ままなのだろう。
毎日毎日降り続く梅雨の間は、腐りかけ溶けてしまいそうな花や茎を眺めながら、
「雨はもうたくさん! 1時間でもいいから晴れ間がほしい」と本気で願っていた。
けれども、連日のように猛暑が続くと、今度は庭の草花が枯れないように雨が降ってほしいと、
天の神様に手を合わせるのだから、我ながらいい加減だと思う。

水やりは、朝が勝負だ。
4時半には、もう目覚めているから、私は早起き鳥の仲間かもしれない。

庭へ続く大きなガラス戸を開けると、
夜の間咲いていたジャスミンの残り香が、まだかすかに漂っている。
朝日を浴びて咲いているのは、オニユリとバラとサルビア・グラニチカ・・・・・。


2015_0718_174203-P1290181_convert_20150729212956.jpg

日中に比べて、朝は涼風が吹くことが多い。
木の葉伝いに、かすかな音を立てて風が渡ってくることもあれば、
突然目の前の花が揺れて、風の居場所を知ることもある。
夏の朝の嬉しいサプライズだ。


2015_0716_154238-P1290167_convert_20150729213420.jpg

バラのアーチの下でひっそりと咲いていた、
ワスレナグサの親戚の女の子
「あなた、お名前は?」


2015_0718_174006-P1290176_convert_20150725163719.jpg

マルタゴンリリーに魅せられて以来、我が家の庭にさまざまなユリ子さんが増えた。
聖母マリアゆかりのマドンナリリー、
細い葉に緋色の小さな花が連なって咲くイトハユリ、
下向きに咲くオレンジ色のカナデンセ・・・etc.

10数種に及ぶ原種系のユリは、夏の暑さにもめげず、
毎年花を開く。

オニユリによく似たこのユリは名札が落ちていたので、
私はひそかに「オニババユリ」とよんでいる。
色が黒く何となく意地悪そうな感じが、オニババァのイメージのような気がして。


2015_0716_153841-P1290156_convert_20150727184547.jpg

蚊にさされながらなんとか水やりを終えた。
さぁ、これから朝ごはんだ。

冷たいジュースは、何にしようか。
出来ますものは、 
エルダーフラワー (ニワトコの花)、 マルベリー (クワの実)、 アカジソ  の3種類だが、
全部この庭から生まれた手作りの飲み物。

どのジュースも夏の季節を感じさせてくれる。

あぁ、いい風が吹いてきた


     

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。