HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフルな宝石たち

2014_1024_141606-P1270215_convert_20141128105754.jpg

70歳を越した女性なら、
たいていダイヤモンドの指輪とかネックレースの一つや二つは持っている。
ところが、私は何も持っていない。
その代り、このように美しいジュエリーを庭から授かっている。

これらは全部トウガラシだ。
エナメルを塗ったような光沢のある地肌、
エキゾチックで鮮やかな色、
トウガラシの概念を打ち破るユニークな形・・・・。
冷たい石の輝きはなくても、
熱く燃える火のような辛さを秘めている。

数あるハーブの中でも、
トウガラシほど世界中の人々に使われているものはあるだろうか。
トウガラシの持つ不思議な魅力に引きずられ、
栽培と研究にのめりこんだ20数年前のあの頃がなつかしい。
近くに180坪ほどの畑を借り、200品種近いトウガラシを育てては、
だんだん深みに入って行った私・・・・。
とうとう高知県の牧野植物園で展示と講演を行うことになったが、
あれは若かったからこそできた大きな飛躍だった。

そして今でもトウガラシマニアのセイコバーバは、
庭の一画にペッパーガーデンを持っている。


2014_1115_123604-P1270345_convert_20141128014816.jpg

活きた宝石は、料理だけでは使いきれない。
フラワーアレンジメントに用いて友人へのプレゼントにしたり、
ドライにして冬場の室内装飾に使っている。

このミニバスケットは私の手作りだ。
小さくて可愛いものを入れると、よく似合う。



2014_1115_123733-P1270348_convert_20141128015004.jpg

トウガラシのほかに、
クラブアップル、カラマンシ―(フィリピンの四季生りライム)、バラの実(ER ボウベルズ
などの小さな果物を盛って。

ちなみに、真ん中の大きめの赤いトウガラシはブートジョロキアという超激辛種。
(最初の写真では、左側中央) ギネスブックには世界第3位の辛さと、登録された。
世界的に権威のあるニューメキシコ州立大学トウガラシ研究所の記録により樹立。



スポンサーサイト

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。