HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指先の幸せ色

2014_0123_135905-P1220910_convert_20140123230435.jpg


編み物・読書・ガーデニング。
この三つに共通しているのは、麻薬に似ていることだ。

すなわち、一度始めたら止めることができず、
あとちょっとだけ、もう少しだからといいながら次第に深みにはまってゆく・・・。

本物は知らないけれど、どうも似ていると思う。

今、私は編み物三昧の日を送っている。
こんなふうに書くと、大きな作品作りに取り掛かっているように聞こえるが、
そうではない。
毎日あわただしく過ぎてゆく暮らしの中で、
30分とか1時間のフリータイムを見つけた時すぐに編めるように、
私のマフラー2種類と夫の帽子、ソファーに置くブランケットを同時進行で編んでいるのだ。


2014_0123_121524-P1220884_convert_20140123223203.jpg

野の花をつないで大きくしていくブランケットを編むのは、楽しい時間だ。
花の基本は同じで花と縁取りの色で変化をつけるのだが、
その日の気分が配色に現れるのも、面白い。
手持ちの残り毛糸に店から買った毛糸で編んでいるものの、思うような色が少ない。

探しているのはきれいなブルーの並太。
オンラインで見つけて注文しても、届いたものはちょっとちがう。
ピンクからパープル、ブルーの色を買いに行かなくては・・・。


2014_0123_143039-P1220932_convert_20140123225725.jpg

モチーフといえば、私用のマフラーの1枚が、やはりモチーフつなぎだ。
日ごろずぼらな性格の私なのに、この時ばかりはしっかりと計画を立てた。

おしゃれな色の上等なモヘアが1玉ずつ6色ある。
ストライプではありふれているし、モノトーンでは分量が足りない。
そこで、以前フランスのファッション誌で見た素敵なマフラーを思い出した。
それは小さなモチ-フをつないだ細長いもので、中間色がいかにもシックだった。

うーむ、120センチの長さに16センチの幅だとすると、
4センチ四方のモチ-フなら 30枚×4枚で120枚が必要となる。
しかし、逆に1日4枚ずつつなぎながら編めば30日で完成するという計算が成り立つ。
途中何事かあっても、50日ぐらいで出来るのではないだろうか。


2014_0123_135606-P1220903_convert_20140123224219.jpg

というわけで取りかかったものの、たちまちそうは問屋がおろさないことを知った。
なぜなら、あわただしい中にできた短い時間に、小さなものを編むのは、
べテランならいざ知らず、私程度のスキルでは毎回テがちがう。
せっかく編んでもサイズが狂えば仕上がりが見苦しい。
ほどきにくいモヘアなので、何枚も無駄にしたが、
あせらずに来年あたりを目標にしてゆったりと編むことにしよう。

毛糸を相手に遊んでいて1番楽しいのは、
糸を左手の人差し指にかけ、右手の針で一目一目を編み進んでいくとき、
指にかかった糸の美しさに見入るときだ。


2014_0123_124610-P1220892_convert_20140123220136.jpg

モヘアやシルクの糸も素敵だが、NOROの糸の「ちょうちん」を使ってみて、
その微妙な色のミックスチュァとやさしい感触に、
しみじみと幸せを感じた。


2014_0123_135832-P1220908_convert_20140124014455.jpg

NOROの糸はツイードと同じように、先染めした原毛をカーデイングし、
機械でも人の手で紡いだような仕上がりになっている。

これまで私は夜に編み物をすることが多かったが、この頃は昼に変えた。
美しい糸をよく見ることが出来るようにという思いからだ。


2014_0123_140803-P1220913_convert_20140124013909.jpg

先日、ウルグアイのメリノ羊毛をナチュラルな感じで後染めにした、
手触りが柔らかいうえに暖かそうな毛糸を手に入れた。
Malabrigo 社の Rios というシリーズだ。
オリーブ色からオレンジ、サーモンピンクへのグラデーションが美し毛糸を、
夫の帽子のために選んだが、さて、デザインはどうしよう。

そうね、永遠の定番・ショウチャン帽にしましょ。

スポンサーサイト

ほんの一枝ですが・・・

「プレゼント」といえば、贈られるほうが好きに決まっている。

私もそうだったが、いつ頃からか贈るのも好きになった。

小さな物でも、買ったら大した値打ちのないものでも、
これを受け取って「まぁ、嬉しい」と喜んでくれる人には、ぜひとも贈りたいのだ。


2014_0122_135737-P1220866_convert_20140122152541.jpg

庭のはずれにカラマンシ―の樹がある。
聞きなれないこのカラマンシ―とはフィリピンのライムで、今年は生り年だった。
和名を「四季生りライム」というように、
まだ実が生っているうちに香気のある白い花が咲き、
次々に小さな青い実をつける。
完熟するとオレンジ色になり、大きさはピンポン玉ぐらいでも皮が薄いので,
レモンよりも果汁は多く摂れる。

我が家では朝食に紅茶を飲んでいる。
その度にカラマンシ―を枝からもいでくるのだが、二人で1個で十分だ。
昨夏は猛暑だったせいか、熱帯生まれのカラマンシ―は枝が折れるほどの実をつけた。

来客への御土産に、友人へのちょっとした贈り物に、
使っても使ってもまだまだ生っている。
3メートルはある擁壁の手すりすれすれに植えたので、
道路側へはみ出した分は取るのが難しいため、
手つかずのままだ。


2014_0122_135714-P1220865_convert_20140122151622.jpg

2014_0122_135751-P1220867_convert_20140122151854.jpg

黄金色の果実をつけた枝を見上げるたびに、
届けてあげたら喜こんでくれる友人たちの顔がちらちらする。
「そうだ、R子さんに」
彼女は、料理をするのも食べることが大好きな人だ。
たしか、この前「塩レモン」と同じように、
カラマンシ―で保存調味料を作りたいといっていたっけ。


2014_0122_134859-P1220858_convert_20140122151441.jpg

それに、彼女の所には以前カラマンシ―の苗をプレゼントしているので、
この鈴生り状態をみたらきっと、生長ぶりが楽しみになることだろう。
ちょうどガーデンサービスの方がいたので、はしごをかけて切ってもらい、
夕方近くに段ボールに詰めた。


2014_0120_150729-P1220832_convert_20140122151140.jpg

メモを入れる段になって
私としては「どう? たくさん生っていて凄いでしょう?」
と自慢したいところをぐっと抑え、

「ほんの一枝ですが、、、」と記した。

我ながらなんとつつましいセリフだろう。
正直いって、これは自慢の裏返しの遊び心から出たものだったが、
後で考えると、恥をかかずに済んだことを知ってホッとしている。

素人の私が一枝に20数個の果実が生ったのを鼻にかけたのは大間違い。
上には上がいて、プロでなくてももっと上手な人がいるにちがいない。

あぁ、恥ずかしい。
慢心がばれても、相手が話のわかるR子さんでよかった。

反省!

スミレの花咲く場所

2013_1225_163856-P1220749_convert_20140105173756.jpg

新年のご挨拶に「初摘みのスイートヴァイオレット」の写真をのせたら、
かなりの数の問い合わせがあった。

「スイートヴァイオレットが好きな理由は?」

「今頃咲くのは温室栽培ですか」

「容器栽培でないと育たないって本当ですか」

「露地植えならどんな場所が適していますか」

「苗や種の入手方法は?」

この香り高いロマンチックなハーブに、興味を持つ人は多いようだ。
こうした質問事項に一つ一つ答えるよりも、私の庭のスミレの居場所をお見せするので、
参考にしていただければと思う。


2013_1225_144933-P1220697_convert_20140103123644.jpg

私がスイートヴァイオレット(ニオイスミレ)に惹かれたのは、
古代から高貴な香りをもつ薬用植物というハーブ的なアプローチからだった。
しかし、長い間この花と付き合っていると、
「庭のあちこちで雑草のように咲いているニオイスミレで、
可憐な花束を作り、友人たちに贈りたい」と思うようになった。
これが目的であり、夢でもある。

日本は世界的にも有名なスミレ大国だ。
幼いころの記憶をたどれば、生家の近くにある城山には約20種のスミレが自生しており、
父から借りた図鑑を見ながら、春の来るのが待ち遠しかった。

スミレはわがままというか、妥協をしないお嬢さんだ。
よい土や植え床を準備してやっても気に入らなときは枯れるし、
種が飛んで変な場所に着地しても、そこが好きなら見事に育つことが多い。


2014_0103_131519-P1220819_convert_20140104190636.jpg

クリスマスローズの茂みの中で発芽したニオイスミレ。
手をかけなくてもにこにこと育ち、匍匐枝を伸ばして広がっている。
しかし、悩みのタネはオキザリスで、よく見ると大きな顔をしている。
聖域への招かざる客には、困ったものだ。


2014_0103_130524-P1220806_convert_20140104181453.jpg

ポメロとハコネサンショウバラの足元にできた、
1畳分ぐらいのスペースのフレグラント・パッチ(パッチとは小さな畑の意味)。
直射日光でない優しい木漏れ日と、風通しのよい場所だからスミレたちは大喜びだ。

手前の株は、宿根性のワスレナグサ。
間もなくここはブルーとパープルの、文字通り小花模様となる。


2013_1225_144239-P1220686_convert_20140103122000.jpg
2013_1225_144859-P1220695_convert_20140103123354.jpg

今、一番ニオイスミレの花を摘める場所は、この大きなコンテナの中だ。
最初はバラだけを植えていたが、どこからか飛んできた種からニオイスミレが芽生え、
2月の中頃には植木鉢全体がパープルに染まってしまう。

中庭にあるコンテナガーデン。バラをメインに植えたコンテナを順に並べ、
テーマ性のあるハーブや草花を挿し色に植えこんだ。

ブルーグレイの細長い葉の植物は、ハーブとして有名な芳香性カーネーションのローズ・ド・メィ。
古典的な植物で、剪定をしなければ草丈は1メートルに伸びる。


2014_0103_130822-P1220811_convert_20140104190251.jpg
2014_0103_130403-P1220803_convert_20140104181333.jpg

耐寒性の強いスミレに温室はいらない。
容器栽培も露地植えも、どちらもOKだ。
テラコッタにもよく合うので、植えだしたら通路にも並べきれなくなってしまった。


2014_0103_130104-P1220799_convert_20140104181234.jpg

東向きの壁に沿って、品種名がしっかりしている鉢を並べたコーナー。
こうして一個所に集めて比較しながら観察してみると、
開花期や花色、花の形などの違いがよくわかる。

このほかにも庭のあちらこちらで、細かいしわのあるあの丸い葉が芽生え始めている。

さぁ、これからがニオイスミレの季節。

まだ小さなブーケしかできないけれど、
甘い香りに包まれて大きなブ-ケを早く作りたいものだ。


スミレ咲く丘より「おめでとう」

2013_1225_152938-P1220739_convert_20140102115424.jpg


私の庭を訪ねてくださった皆様へ

明けましておめでとうございます
どうか今年も幸多き年になりますように


       初摘みのスイートヴァイオレットが香る部屋から

                            広田靚子

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。