HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sketch of Sweden 5  アイの種子と愛の種子

2013_0620_163715-P1210664_convert_20130724051903.jpg

「さぁ、楽しい種子蒔き始めましょ」
アグネータさんと私は、朝から何となくウキウキしていた。
種子蒔きというのは、藍染めをするためにアイの種子を蒔こうというのだ。
800坪もある庭に建てられたグリーンハウスの前で準備をしながら、
アグネータさんは嬉しそうに話しかけてきた。

「私は藍染めが大好きで、昔から布を集めているの。
だから、ぜひ自分で染めてみようと、前に徳島へ行ったときに、スクモを買ってきました」

スクモとは藍玉とも言い、収穫した藍を発酵させたものを丸い形で保存し、
藍染めの原料として用いるものだ。

「まぁ、すごい。それでどうでした? うまくいった?」
「駄目だったの。がっかりだわ。失敗しちゃったの」

「アイは生き物だから、本格的な藍染めは専門家でも難しいという話ですもの」
「そうなんですってね、どうしても諦めきれないでいたら、園子さんに見せてもらったあなたの著書に、
「アイの生葉染め」が載っていて驚いたのよ。これなら、生の葉があれば私にもできそうじゃない。
今度は生の葉から挑戦したいので、どうぞ教えてくださいね」

この小著とは,「広田靚子のNewハーブブック」《山と渓谷出版社)のことだ。

「遠い北欧の国に藍染めに興味を持っている人がいると聞いて、感激したわ。
だから、私も協力したくなって、種子を徳島から取り寄せて持参したんです。
がんばりましょうね」


2013_0620_163358-P1210654_convert_20130724194705.jpg

「ほら、これがアイの種子よ」
アグネ―タさんの掌に載せた種子は、
風が吹くと飛んでいってしまいそうな細かい粒々だ。


2013_0620_163406-P1210656_convert_20130725154121.jpg

東南アジアを原産地とするアイが、スウェーデンで育つかどうかはわからない。
しかもスタ-トが、日本と比べて2カ月近く遅れているし、日照時間がしだいに短かくなっていくこの地で
どこまで育つものだろうか。

「蒔かぬ種子は生えぬ」の諺もあることだし、あれこれ言わずに蒔くだけ蒔いてみよう。
もしも失敗したとしても、これがデータとして残れば、これからのアイ栽培の役に立つのだから。

大きめのプランターに培養土を入れ、筋蒔きにしている二人。


2013_0620_163441-P1210660_convert_20130725154620.jpg

最初のころはおしゃべりしながらの作業だったが、集中してくると次第に無口に・・・。
アイの場合は直播でなく、あらかじめ苗作りをしてから数本づつ束ねて定植する。


2013_0620_164326-P1210669_convert_20130725153617.jpg

それぞれ2~3列蒔いたところでストップ。
これ以上蒔きすぎると過密状態になって、ひょろひょろの苗になりやすい。
乾燥してしまうと発芽しにくいので、たっぷりと水をやること。

そう、アイは水が好きな植物だ。
だから、定植する場所はやや湿った場所とか、反日陰でもよいので乾燥しない所がよい。
もしも乾きやすかったら、水やりを多めにするとよい。


2013_0620_164142-P1210667_convert_20130725155139.jpg

母屋で仕事をしていたパールさんが、戻ってきた。

「どう? 順調に行ってますか。いつでも手伝うから、頼みたいことがあったらどうぞ」

「ありがとう、ちょうど今蒔き終わったところなの。
靚子と二人ですると早いわね」


2013_0620_165013-P1210674_convert_20130725155631.jpg

蒔き終わったプランターをハウスの中へ取り込む。
スウェーデンは春の訪れが遅いし、夏といっても気温が変わりやすいそうだ。
生活必需品のグラスハウスの中には、カボチャ、レタス、キュウリ、などの苗があった。


2013_0620_165104-P1210675_convert_20130725160446.jpg

半透明のプラスチックカバをかけたープランターと、
濡れた新聞紙をかぶせた《準備中》プランターを並べて、
どちらがどう育つか、実験、実験!

まるで生物の時間のように真面目に、
そしてちょっぴりわくわくしながら楽しんだ異国での種子まき。
あれからちょうどひと月になるが、うまくいったのかしら。

思い出していたら、園子さんからメールが届いた。

アグネータさんから、
「あなたと一緒に蒔いた庭のアイは、順調に育っています。
大きく育って収穫したら、ぜひ生葉染めを試してみます」と、
嬉しそうな伝言があったとのこと。

ふと頭に浮かんだのだが、
海を隔てても、こうしてお互いのことを想い、
小さな緑の葉に思いを馳せることは、大きな意味で愛とよぶのではないだろうか。

私がスウェーデンに蒔いてきた愛の種子も、元気に育ってほしいものだ。


スポンサーサイト

Sketch of Sweden 4  愛を込めた手作りのアトリエ

庭の奥まったところに、小さな可愛い建物がある。

アトリエとよんでいるアグネータさんの仕事場で、
私たちは滞在中ここに寝泊まりさせていただいた。


2013_0618_142819-P1210563_convert_20130718135128.jpg

右手のほうが入口になるが、広々としたワンルームのすっきりとした空間だ。
内部は、床から壁や天井まで真っ白に塗られ、採光のために付けられた2面の大きな天窓は、
空と室内を自然光で繋いでいる。冬場はさぞこの天窓が効力を発揮することだろう。


2013_0618_181112-DSC03835_convert_20130718140400.jpg
2013_0618_030444-P1210537_convert_20130719021243.jpg

細長い窓がある壁際には、簡単なベッドと,小さなテーブルと椅子、鏡台があり、
テーブルには庭の白い薔薇が飾ってあった。


2013_0628_003317-DSC05639_convert_20130719014124.jpg
2013_0618_181008-DSC03833_convert_20130718183135.jpg
2013_0628_003359-DSC05641_convert_20130719014835.jpg

入ってすぐに目に入るのは、大きな機織り機だ。
原毛を紡ぐ糸車も、草木で染めた毛糸も絹糸も無造作に置いてある。

私も3LDKのマンションで3人の息子の子育てをしながら、講座の準備、
ハーブの栽培やハーブの様々な実験などのほか、執筆や撮影を長年続けてきたので、
どんなに狭くてもいいからすぐに仕事に取り掛かれる
こうしたアトリエが欲しいと何度思ったことだろう。

特にアグネータさんのようにクリエイティブな仕事の芸術家にとって、
主婦業と作家活動を両立させるのは至難の業だったに違いない。

今、彼女は切り絵作家として脚光を浴びているが、
国立芸術工芸デザイン大学コンストファック、テキスタイル科を卒業後、
テキスタイル作家として、数々の賞に輝いた経歴の持ち主だ。

2013_0627_193322-DSC05527_convert_20130721124814.jpg
2013_0616_180529-P1210526_convert_20130722070427.jpg

アトリエに入ってみて気がついたのだが、まだ出来上がっていない部分がある。
2階のロフトと思われる所は手をつけぬまま資材置き場なっているし、
ボイラーやシャワー、ドアの取り付けなども未完のままだ。

感動的な話を聞いた。
実はこのアトリエは、夫のパールさんからアグネータさんへのプレゼントなのだそうだ。
設計はもちろん、基礎工事から仕上げまでの工程を全部一人で行ってきたという。

元アーキテクト(建築家)だから簡単に作れると思うのは、素人の浅はかな考えで
忙しい毎日の中から時間を削り、愛する人のために工事を続けること10数年。

完成の日が待たれるが、
出来上がってしまったらきっとさみしくなるのではないだろうか。

Sketch of Sweden 3 キャンドルを灯して

スエーデン最初の晩御飯は、母屋でいただくことになった。
アトリエと母屋の間は100mもないから、杖をついて歩ける距離だ。
芝生を横切っていくと、モックオレンジ(ニオイバイカウツギ)の花の香りが、
どこからともなく漂っている。
さて、この広い庭のどのあたりに咲いているのだろう。

2013_0618_033941-DSC03654_convert_20130717230756.jpg

案内された居間へ入ったとたん、思わず「まぁ、素敵!」と声をあげてしまった。

出窓になっているのか、そこだけ独立したスペースにテーブルを配置し、
すでにおしゃれなセッティングがされていた。
白い空間を作っている天井や壁の色に合わせてクロスは白。
キャンドルの炎に映えるガラスの器も美しい。

お嬢さんのリーナさんの手によるのだろうか、窓の飾り方も凝っている。
樹の葉をつないで作ったガーランド、
鮮やかな色の花で描くウインドゥピクチュア・・・・。

心のこもったひとつひとつが「ようこそ」と語りかけているようだ。



2013_0618_034456-P1210538_convert_20130717231104.jpg

「どう? 似合うと思わない?」

御土産の藍染めの服を来てさっそうと現れたアグネータさんに、リーナも私も拍手!
まるで誂えたようにぴったりだし、本当によく似合うのだ。
私と同じように、日本の藍染めをこよなく愛している人がここにもいた。


2013_0618_042240-P1210546_convert_20130717234956.jpg

「わたしたちは、日本が大好きなんですよ」
宮崎、京都、犬山…、訪ねたときの思い出を穏やかな口調で語るのはご主人のパールさん。
彼の趣味は美術鑑賞と合唱。
これまで「オスカシュカンマル・コーラス」のメンバーとして宗教音楽を歌っていたが、
年齢制限のラインに達したため今年で退会したという。



2013_0618_034648-P1210542_convert_20130717234112.jpg

ディナーのメニューは4品。

スタートは、本場のスモークトサーモンだった。
意外にもごく軽い風味で、ねっとりとした食感がたまらない美味しさだ。
このガラスのお皿はシンプルな料理を引き立てている優れものだ、
後で伺ってみよう。


2013_0618_034642-P1210541_convert_20130717233346.jpg

ラデッシュ。

コロコロとした二十日大根は見ているだけでもかわいらしい。
「こうしてナイフで切れ目をいれてから、バターをつけて食べるのよ」と教えてもらった。


2013_0618_034639-P1210540_convert_20130717232440.jpg

ヴェステルボッデン・チーズパイ

再初に?と思ったのは、パンがなかったことだった。
しかし、この豪華なチーズパイを見たとたん、私は一瞬にして納得した。
ヴェステルボッデン地方のチーズを使ったこのひと皿は、
スウェーデンを代表する料理で、アグネータさんの得意料理でもあるという。
この風味豊かなチーズに、ポロねぎ、産みたての卵、生クリームを加えて焼いたのだから、
極上の味だ。

パールさんのサーブによるワインも美味しく、
身も心も癒されたみんなの顔も幸せそう・・・。


2013_0618_034705-P1210543_convert_20130717234611.jpg

グリーンサラダ

ベビーリーフのミックスを、自家製ドレッシングでさっぱりとリエゾンしたもの。
オイルはたしかひまわり油だったような・・・。


2013_0618_034621-P1210539_convert_20130718115332.jpg

気がつけば、この部屋にはテレビも音楽もなかった。
あるのはキャンドルのほのかな明かりと笑顔だけ・・・。
それにしても、キャンドルのあるテーブルは何といいものだろう。

窓の外は、まだ明るい。

アグネータさんの番組をお見逃しなく

恥ずかしいことに、私は時間の読み方を間違えたことがある。

例えば、18日00:45とは、17日の日付が変わって45分たった時刻、
すなわち17日24:45のことなのに、どうもぴんとこなかったのだ。

こんな話は、どうでもよろしい。 大切なことは、今夜こそ

「アグネータと魔法の切り絵}をお見逃しなく。
NHKBSプレミアム 「プレミアムアーカイブス・アンコール」
17日00:45~ or 18日00:45~

2013_0628_160935-DSC05770_convert_20130717143948.jpg

見飽きぬ花々

今朝もセミは鳴いていない。

一体どうしたのだろう。
いつもの年なら、今頃は早朝からジージーと暑さを倍増するような鳴き方でいらいらさせられるのに、
こう静かだと張り合いがなく、「もしかして」などとあらぬ心配をしてしまう。

連日の猛暑のために、朝夕水やりをしても庭はからから状態だ。
それでも草花やハーブたちは健気なもので、力を振り絞って花を咲かせようとしている。
せっかく咲いた花を少しでも長く見てあげることも、
草花に対する感謝の気持ちの表し方ではないだろうか。
こう思い、毎朝花を摘んでは大きな器に投げ入れ、最後まで楽しませてもらっている。

最近私は花を生けることが少なくなった。
意志の力で生けるのではなく、素材を置き合わせたときの偶然性が面白いのだ。
活ける行為には正面、すなわち表と裏があるが、裏も素敵なことがある。
だから私は、無造作に挿した素材のさまざまな面をカメラで切り取っている。
器を回したり、カメラの角度をちょっと変えただけで、新しい絵が現れるのだ。

習作をお目にかけよう。


2013_0706_084802-P1210774_convert_20130715083419.jpg


2013_0706_085254-P1210791_convert_20130715082143.jpg


2013_0706_085711-P1210808_convert_20130715083713.jpg


2013_0706_085631-P1210804_convert_20130715082531.jpg


2013_0706_085654-P1210806_convert_20130715082740.jpg


2013_0706_084811-P1210775_convert_20130715081903.jpg

Sketch of Sweden 2  深い緑に包まれて

正午前に成田を発ったフィンランド航空のエアーバスで、一路ヘルシンキへ。

2週間も家を空けるとなると、植物とかペットの世話の手配、旅の準備、家の点検などで
出発直前はかなり忙しかった。しかし、快適な機内でぐっすりとよく眠れ、
おいしい食事のおかげでリフレッシュすることができた。
これまでさまざまな国へ行く機会に恵まれたが、北欧を訪れるのは初めての経験だ。
その上、切り絵作家のご厚意でアトリエに滞在できることを考えただけでも、期待感が募る。


2013_0628_131951-DSC05687_convert_20130714162025.jpg

ヘルシンキで乗り換え、スウェーデンの首都ストックホルムへ着いたのは夕方の5時頃。
出迎えの人々の中で、アグネータさんはすぐにわかった。
何色というのだろうか、テレビで拝見していたように、
オレンジがかった金髪がチャーミングな女性は、一人しかいなかったからだ。
初対面の挨拶がすむと、夫のパールさんが運転する大型のボルボで走ることおよそ30分。
快適なハイウエイの両側には、緑の牧草地の彼方に森や林が見え、時おり家が点在する。
白いシャープな屋根の教会が見えたところで左折し、
隣の白い木戸がある家がアグネータさんのお宅だった。


2013_0618_174146-DSC03823_convert_20130714160435.jpg

2013_0619_023826-DSC03883_convert_20130714171320.jpg

2013_0618_174651-DSC03826_convert_20130714161554.jpg


どこまでが敷地なのだろう。
丈高いライラックの生け垣で囲まれた緑の空間の中に、赤い塗装が美しい母屋と小さなアトリエが配置され、傍らにはオークやメイプルの大木が枝を広げている。
たくさん実をつけたリンゴやナシの古木があるのは、昔は果樹園だったのかもしれない・・・。
とにかく、どちらを向いても緑が美しく、ナチュラルな感じが心地よい。


2013_0628_161456-DSC05786_convert_20130714171651.jpg

2013_0618_015338-DSC03653_convert_20130714155455.jpg


アトリエで荷物を解き、一休みの後に庭の一画で歓迎の顔合わせをすることになった。
まずはシェリー酒で乾杯。
次いで、お土産の贈呈式(?)。
園子さんにお願いして、前持ってリクエストをしていただいたのがよかったと思う。

パールさんへは、梅干し各種と眼鏡拭き用布、蚊取り線香、夫の写真集、

アグネータさんへは、藍染めの作家もののワンピース、藍染めのストール、藍の種子、
麻の型染めと染見本帳、小著、ウオーターペンダント、

お嬢さんのりーナさんへは、和紙各種、風呂敷、ウオーターペンダント。

プライベートなことを記すのは気がとがめるが、
梅干しとか蚊取り線香、藍の種子などは思いもつかない品だ。
率直に希望を言ってもらえ、こちらもありがたかったのでご参考までに。

静かな夕暮れ時にこうして品の良いシェリー酒をたしなむのは、
何とおしゃれなことだろう。
あたたかなもてなしに、旅の疲れがゆっくりとほぐれていくのがわかる。

「あらっ・・・」
日本時間のままの腕時計を見たら13:51だった。
時差は7時間だから、こちらではもうすぐ8時ということになる。
夜の8時でこの明るさ!!!
ときはあたかも白夜の季節だ。
夏至祭を3日後に控えて、太陽は沈むことがないのだろう。

Sketch of Sweden 1  プロローグ

昨日のテレビをごらんになれただろうか。

今回の北欧への旅が実現したのは、まさにあのテレビのおかげだ。
再放送(7月18日のAM0:45~)があるので、ぜひお勧めしたい。
このブログとシンクロする場面が各所にあって、面白い進行が期待されるからだ。


2013_0622_185933-DSC04502_convert_20130712104319.jpg


3年前の夏、NHKテレビのシニアディレクター・横田早苗さんからメールが届いた。
横田さんは、1985年に私がNHK「趣味の園芸」でデビューしたときからお世話になっている方だ。
彼女はキャリアウーマンばかりか、毎年のように個展を開くアーティストという顔も持っている。
メールの内容は、彼女が担当した番組のお知らせだった(2011年7月30日のブログ参照)。
この「北欧 アグネータと魔法の切り絵」と題したハイビジョン特集は素晴らしい出来で、
主人公のアグネータさんの、手から生まれるイマジネーションに富んだ宝物の数々や、
森と湖の多いスウェーデンの美しい風景、アグネータさんの自然流暮らしが心に残った。

あの美しい映像を目にしてからというもの、北欧に抱いていた想いが久しぶりに蘇ってきた。

思い返してみると、幼いころに愛読したアンデルセンの童話、セルマ・ラーゲルヌーヴの
「ニルスのふしぎな旅」、「北欧神話」や「夏至祭にまつわるフォークロア」などは、
今でも興味が募る。
難解なベルイマン監督の作品について触れだけでも大人になったような気がした学生時代。
マリメッコのスマートな愛らしさを知り、コスタボーダやアラビア、ダンスクなどの
グッドデザインに目が覚めた新婚時代がなつかしい。


2013_0624_151303-DSC04799_convert_20130712105910.jpg


そうだ、北欧へ出かけてみよう。
持病のパーキンソン病が進行するといずれは歩行困難になってしまう。
夫が勧めてくれているように、まだ体が動く今がチャンスだ。
何カ国も移動せずに足場となるところを定めて、人々の暮らしに溶け込んでみたい。
出来たらアグネータさんのように、緑の林の中で暮らせたら・・・。
季節は絶対に6月の夏至祭を体験しないと意味がない。
沈まない太陽、というのは本当なの?
白夜はどのくらい明るいのだろう。
できることなら村の人たちと一緒に野原で花を摘み、メイポールに飾ってみたいものだ。
北欧にキリスト教が伝わったのは、11世紀後でだいぶ遅い。
それまで信じられていた神々や妖精たについての話を聞けないかしら・・・・。
次から次へ頭に浮かんでくのは北欧のことばかりだ。

ところで、このような注文を聞いてくれそうな旅行代理店はどこにあるのだろう。
「豪華客船で巡るフィヨルドの旅」とか「三ツ星ホテルで過ごす超リッチな旅」
「1週間で北欧4カ国を完全周遊のスピード旅行」などのタイトルがずらりと並んだ
旅のメニューはあっても、私のような客はおそらく皆無に等しいのではないだろうか。

それにしてもあの番組を作るには、仕事がよくできる現地のコーデネーターがいたはず。
横田さんに思いきって聞いててみたのは、梅の花の季節だった。
紹介されたコーデネーターは、スエーデン人と結婚してスウェーデンに住む佐藤園子さん。
彼女は手芸の本質を求めてスウェーデンに留学し、企画や取材、執筆などを続けている方とのこと。
ちょうど帰国していた園子さんを、走りの筍ごはんでもてなし、
隠さずに私の暮らし振りや病状を見てもらいながら、旅への希望などを伝えた。


2013_0624_235306-DSC04915_convert_20130712105043.jpg


思いもかけないグッドニュースが届いたのは、桜が開花する前のことだった。
何と、親戚同様にアグネータさんのアトリエに泊めていただけることになり、
ご夫妻とダーラナ地方まで泊りがけの旅行までプランの中に入っているではないか。
私たちのことを知る手掛かりといえば、園子さんに託した数冊の小著のみなのに、なぜ?
いわば動画とスチール写真のお見合いのようなものだが、
私たちが感じたように、あちらでも何かを感じたのかも・・・。

しかし、これで失敗したら日本人として大きなマイナスとなってしまうのではないだろうか。
いつの間にか日の丸を背にしているような意識に、我ながら驚くやらあきれるやら・・・・。

せっかくお声をかけていただいたのだから、アーティストのデリケートな暮らしを妨げないように、
気をつけて滞在して来よう。

というわけで準備を済ませ、目指すはスウェーデン。
さぁ、車いす持参で、いざスタート!

旅の始まりは、この番組から

只今!北欧から無事帰ってきました。

さて、もっと早くお知らせしておくべきでしたのに、ギリギリになってすみません。

この旅のきっかけとなったテレビ番組が、今日オンエアされますのでどうかご覧ください。。

番組名    NHKハイビジョンプレミアム「アグネータと魔法の切り絵」

放送時間   2013年7月10日AM9:00~

再放送    2013年7月18日AM0:45~

放送波    NHKBSプレミアム「プレミアムアーカイブスアンコール」

スエーデンの切り絵作家・アグネータフロックさんは、

日常的な何でもないものを宝物に変えてしまう魔女です。

2013_0627_215338-DSC05561_convert_20130710071428.jpg

スエーデンの美しい風景やアグネータさんの美しい庭、すばらしい作品などをお楽しみください。

このブログ、明日からは

「Sketch of Sweden」と題して、旅の印象記を綴る予定です。


2013_0618_015307-DSC03650_convert_20130710004338.jpg


2013_0618_034621-P1210539_convert_20130710005355.jpg

どうぞお楽しみに。

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。