HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の朝、ロンドンへ

2012_0607_130719-P1160429_convert_20120617161142.jpg


明朝、6時半の便で、ロンドンへ出発する。

耳ざとい友人が「ロンドンへ何をしに行くの?」と聞いてきたら、

「オリンピックよ」と、事もなげにけろりと答えることにしているのに、

まだ誰も聞いてこない。

それはそうだろう。

数年前から腰痛に悩まされ、テレビ出演や講演などの仕事は休みにしていたのだから、

海外旅行など考えも及ばないと思う。


2012_0607_133113-P1160471_convert_20120617170606.jpg


つい先日、夫の山のような仕事が峠を越した。

花盛りの庭でゆったりと朝食をとるのも久しぶりだ。

2杯めのお茶を淹れたとき、夫が「イギリスへ行こうか」と話しかけてきた。

「え? 冗談でしょ。行きたいけれど、もったいないわ。

それにこの腰痛だもの、自信がないの」

「いや、お金のことならなんとかなるよ。じつは埋蔵金があるんだ」

聞いてみると、これまで口座を開いていた通帳の残高を集めると、

片道分ぐらいになるという。

机の引き出しや箪笥の中に眠っていた家族の貯金通帳を、

そのままにして放っておくと、

政府の金として使われると聞いたのは最近のことだ。

それではあまりにも口惜しいではないか。

もう海外旅行には行けっこないと、ほとんど諦めていたのに、

夢が現実になるとは・・・。

「今までよく働いてくれたから、ボーナスのつもりだよ。

それと、ちょっと早いけれど結婚50周年の前祝いだとしておこう」

軍資金がいくらあったのかしらないが、早速旅行会社と連絡を取り合い、

車椅子持参で行く「英国花の旅」のプランができあがった。


2012_0610_110456-R9326870_convert_20120614102022.jpg


正直のところ、車椅子で行動するのには、まだこだわりがある。

勇気を出して外出しても道往く人の視線が気になり、

惨めな気分に陥ることも多かった。

そのたびに自分に言い聞かせたのは、

「あなたは恵まれている。その事を忘れるな」ということだった。

ほんとうに私は、恵まれている。

体が不自由になってからでも、自分の好きな花やハーブを植える自由とわがままを許され、

おかげで庭造りの楽しみは、ますます深くなってきている。


2012_0606_104532-P1160422_convert_20120617234644_20120617235141.jpg


思い返すと、30代の最後の年、

「熟年の生活設計」というタイトルの懸賞論文にチャレンジしたことがあった。

受賞者には、アメリカにショートステイして、

社会福祉のことや女性学などを学ぶ機会がが与えられる。

しかも、オールギャランテイという優遇なのだ。

私は熟年を50歳台と位置付け、

当時のアメリカで注目されていた「園芸療法」を学び、人々のために尽くしたいと書いた。

相当高い倍率だったという論文にパスした後に面接があり、幸運にも私はウイナーとなった。

あれから30年。

あのときに知り合ったアメリカハーブ協会の方々のおかげで、

ハーブの勉強をするためにあらためて渡米し、

園芸療法を少々かじったのは、50代の時だった。

今、私が毎日のように庭へ出ては、癒されたり励まされているのは、

まさに園芸療法の実践そのものだと思われてならない。

2012_0610_120807-R9326905_convert_20120617170145.jpg


あぁ、もう11時を過ぎた。

日付が変わり小鳥が啼き出す頃に、夫と私は羽田へ向かう。

車椅子の旅では、どんなことが待ち受けているのか、

私が習いたいと思ったことは果たしてかなうのか、

またしばらく休んでしまうことになるが、

7月1日からのこのブログをどうか待っていてほしい。

それでは、行って来まーす!!!

          

スポンサーサイト

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。