HOME:広田せい子のハーブガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい庭

夢中になっていると、大切なことを忘れがちだ。
3月から庭のリニューアルに取り組んでいながら、写真をまるで撮っていないことに気がついた。
「これは途中だから、完成してからのほうがもっとよい写真が撮れる」
という気持ちが働いたのだろう、きっと。

作りかけの途中でも、植物や工事中の作業、土だって、そのときその時のいい表情を見せていたのに・・・・と思うと、悔やまれてならない。

明日はもっとよくなると思っていても、そううまくはいかないことが多い。
花に嵐、月に群雲の例えどおりといおうか。
雨が上がったばかりで光線がいまひとつだ。
しかし、うつろいやすい花の部分だけでも写しておこう。


niwa1_20090530201615.jpg

居間の正面の花壇。
これまでも花壇だったが、下の庭で使っていた煉瓦で園路とパティオ風の半円の広場を作ったため、花壇のスペースはやや広くなった。
ここは、前々から考えていたバラと宿根草の組み合わせで、夢見るような庭を育ててみたい。

以前に植えてあったヘリテージやボニカ、ラベンダードリーム、オールドブラッシュなどはそのままにして背景に使い、
前面には、開花期間が長いチャイナ系を集めてみた。樹形がコンパクトなうえに、育て易いメリットもあるからだ。

点々と見える濃い薔薇色の花が、赤胆紅心(ツダンホンシン)。ロゼット咲きで愛らしい。
ほかに、国色天色(クオステンシャン)、香粉蓮(コウフウレン)、賽昭君(サイザウツイン)、
葡萄紅(プタオホン)、粉粧楼(フンショウロウ)、紫燕飛舞(ツーヤンフェー)、サフラノなどを植えた。
房咲きのピンクのバラは、修景バラのボニカ。コルデスの作で、病気もせずによく咲いてくれる。
ユリはモナリザ。オレンジ色の花は10数年来の古株のヘメロカリス。


niwa2_20090530202004.jpg

違う角度から写したもの。
このスペースはアイランドの岬のような場所で、3面から見える。
ピンクの花が多いので、ゲラニューム、ペンステモン、バーベナ、シノグロッサムなどの、
ブルーからパープルの花を多く植えて、バランスをはかった。


niwa3_20090530202114.jpg

アーチを飾るにはまだ尺が足りないが、
アーチの右側は濃い薔薇色のロサ・キネンシス(チャイナ系。いわゆる庚申バラのつる)と、
淡いピンクで小輪房咲きのシャンプニーズ・ピンククラスター(ノアゼット系)の2品種を選んでみた。

左側は、
強い芳香で鮮やかなローズピンクの、マダム・ヴィクトール・ヴェルディ(ハイブリッドパーペチュアル系)と、
アプリコットピンクで小輪房咲きのコーネリア(ハイブリットムスク系)を植えた。

バラのアーチの足元も、何気ないようでいながら見せ所だと思う。
足元を彩るのは、ゲラニュウ-ムの「ミセス・ケンドール・クラーク」と、
シノグロッサムの「インディゴブルー」

空が明るくなってきた。
さぁ、庭へ出てお茶にしよう。
スポンサーサイト

花の微笑みに慰められて

今の季節にこんな大雨が降るなんて・・・・・、いったいどうしたこと?
三日三晩降り続いた雨は、ものすごい雨脚と降雨量だった。
薔薇のほとんどは水を吸って頭が重く垂れ、花びらを株元に散り敷いている。
シノグロッサムやペンステモンなどの草花の中には、倒れてしまったものもあった。

ka1.jpg

一時、雨脚が途絶えた時を狙って庭へ持ち出したのは、
玄関のひさしの下に取り込んでおいた3つの鉢だ。
花色が濃く、香りも高いイングリッシュラベンダー、
こぼれ種から生えた小さな芽を拾って、鉢に植えた勿忘草、
エキゾチックな香りがするカーネーションの「ローズ・ド・メ。」
どの鉢もおっとりとして、ざらざらした私の心を優しく包んでくれる。

ka2.jpg

昨日はがっかりしたことが二つ立て続けに起こり、
まさに厄日だった。
一つは、大宮へ11時の約束で出かけたのだが、
首都高で雨のための事故渋滞に巻き込まれ、
池袋で11時を過ぎてしまった。
結局、断念して帰宅すると、
さらにショックなメールが入っていた。
覚悟はしていたが、希望が一つ失われたといってもいいほどのことだった。

昨日から引きずっていた、落ち込んだ気持ちを慰めてくれたのは、
花の香りと優しい色合い。
「ローズ・ド・メ」の香りに、何だか涙が出そう・・・・。

あぁ、花はいいものだと思う。


苗の通販の落とし穴

インターネットの普及と共に、買い物の形態もすっかり変わった。
キイを押すだけで、外国からでも欲しいものを探し出し、
キイを押すだけで、交通費や時間をかけず、
寝巻きのままでも、買い物ができる。

ハーブや草花の苗も、
数多くのナーセリーや会社などが開いているホームページを訪れば、
ほとんどのものが容易く入手できるようになった。

たしかに便利になったが、物が届くまでは安心できない。


nimotsu_20090528183028.jpg

最近、こんなことがあった。
期待に胸を弾ませて、ダンボールの蓋を開けたら、
箱の中はぐじゃぐじゃ!!!
重なり合ったポットを取り出して点検してみると、
花の芯は折れ、葉っぱは千切れて何ともひどい状態だ。

実はこのナーセリーは、前回もまったく同じだった。
せっかくよい苗を作っているのに、箱に詰め方がいい加減のため、
中で踊りを踊ってしまったのだ。
1万円近い買い物だから、かなりのショックである。
思い切って状況を話し、とてもよい送り方をしているやくらいナーセリーを教えてあげた。
本気で取り組んでいるなら、試しに取り寄せてみて参考にするなど、
何かしら反映をしていると思ったのに・・・・。
2回目の改善を期待していただけに、がっかりだった。

送り方がお粗末なのは、この例ばかりではない。
何度となく嫌な思いをしてきている。
無事に客へ品物が着いてこそ、仕事なのだ。

ハーブや植物関係の仕事をしている方たちは、仲間同士でモニターをし、
よりよい送り方を研究していただきたいと思う。
せっかくよい苗ができても、最後のところでマイナス点がつくのは、残念でならない。

*やくらいなーせりー
http://www.britishseed.com/hpgen/HPB/entries/21.html


いい香りの道

2週間ほど前のことだ。
昼下がりのバスの車内で、こんな会話を交わしている中年の婦人がいた。

「毎朝犬の散歩で通る道が,今とてもいい匂いなのよ。
よかったら、あなたもこのコースにしてしてみない?」

「まぁ、それってどのあたり?」

「ほら、バス通りの信号の点滅を左に入ると、象さん公園があるでしょ。
公園に沿って、小学校へのゆるやかな下り坂を降りてゆくと、すぐに分かるわ」

「へえ、それはまたどうして?」

「道の両側に香りのよい木が植えてあるから、その下を通るときは、体が透き通るみたいになるの」

「わかった。あそこね」

どうやら話題になっているのは、我が家のことらしい。


ki44_20090527160506.jpg

射し始めた朝の光の中、
道の両側から放つ花の香りが、当たり一面に満ちている。

芳香の出所は、高台にある我が家の庭に植えた植物で、
左から四季生りライム、ポメロなどの柑橘類。
黄色の花はスパニッシュ・ブルーム。
今年はポメロの花が枝という枝についた。
大きな果実だけに花も大きく、香りも濃厚ですばらしい。


ki22_20090527160355.jpg

道路を挟んで,公園の土手に植えた房咲きミモザ (Acacia dealbata) 。
ミモザの仲間で最も香りがよく、フランス人好みといわれている。


ki11_20090527160320.jpg

ミモザの下の茂みはノバラ。
バラの香りにもいろいろあるが、見かえりを求めず無心に咲くノバラは香りも極上。

ki33_20090527160436.jpg
太陽が昇るとひときわ美しく輝くミモザ。
温度が上昇すると共に、香りも強くなるようだ。
植えて10数年はたつだろうか。
もう7~8メートルは越した。

この香りの組み合わせは終わり、
3日前から甘い蜂蜜のような芳香が道路まで漂いだしている。
我が家のシンボルツリーのセイヨウボダイジュが咲き出したのだ。
今年も花盛りのこの樹の下で、時を過ごせるのがうれしい。

二つのケーキ

いくつになっても、甘いものには目がない。

近頃、ホールのケーキが2回も届いた。

haha22.jpg

1回目は、母の日に。
千葉に住む次男夫婦が、
フリーのパティシェの「尚さん」に頼んで,贈ってくれたものだ。

*尚さんのお菓子については、これまで青りんごのブラムリーや、
サワーチェリー、などの素材を使ったものも紹介している。
ご参考までに。

haha33.jpg

早速、隣の長男の家へケーキを持参し、
みんなでいただいた。
旬のイチゴと抹茶のムースは、
季節を感じさせるすがすがしい色と香りのコンビネーションで、
みんな満足顔。

千葉の二人と2匹様、ごちそうさま!!!


kekkon11.jpg

2回目のケーキは5月23日に。
私たちの結婚記念日を祝って、
隣の家から孫息子が花束を、長男の嫁がケーキを持ってきてくれた。
ちょうど土曜日で、みんなが揃う。
今回もまた長男の家で、ということになった。

kekkon22.jpg

私たちは1964年の秋に知り合い、翌年の初夏・5月23日に結婚した。
数えてみれば金婚式もそれほど遠くはない。

爽やかな五月晴れのこの日、一ツ橋の序水会館で式を挙げた。
私は白無垢の花嫁衣裳、夫は羽織袴。
嫁いだ広田家の松皮菱の紋が、今でも目の前に浮かんでくる。
スペシャルゲストは、広田側が鷹司平通氏。
私側は飯田深雪先生。裾の長いローブデコルテがよくお似合いだった。

新婚旅行は九州から種子島、屋久島方面へ。
夫が立てたプランに素直についていった新妻は、
行く先々にSLあり、列車あり、トロッコありにただただびっくり・・・。

なんと新婚旅行は撮影旅行だったのだ!!!

ケーキを食べながら、40数年前のことをなつかしく思い出していた。

柔らかい頭

ブログをしばらく休んでいたのには、わけがある。

庭造りで忙しかったこともあるが、
パソコンがある日、突然におかしくなってしまったのだ。
キイボードを打ちながら、左手に置いた辞書をのぞき、視線を画面に戻したら、
異変が起きていた。

最初は、どういうことかわからなかった。
ようやく気持ちを落ち着けてよくみると、画面が逆立ちしているではないか!!!。

ああ、どうしよう。
締め切りが迫っている原稿を書いている途中だし、
大事なメールが届くことにもなっている。

あわてて、手引書をめくってみたが、
引っくり返った画面を元に戻す方法など、どのテキストにも書いてない。

藁にもすがる思いで HELP のページを見たら、
「ここへメールせよ」とか、
「詳しくはこのウエブサイトを参照のこと」などと書いてある。
馬鹿じゃない? 
パソコンが使えないのに、どうして連絡を取れるのだろうか。

困り果てて、管理人へ電話をしてみた。
「電源を落として、一晩放置しておくと、翌朝にはご機嫌が直ってるって」とアドヴァイス。
マシーンも、反省して心を入れ替えるのだろうか。

それにしても、どんなメッセージが入っているか分からないから、
受信コーナーだけでも見ておきたいものだ。

カーソルを操作しながら、真逆のことをするのは至難の技。
右が左で、上が下。斜め右上が斜め・・・・●,△×♪★
なぜ、思うようにいかないのだろう。
目を凝らして、頭の中で考え、挫折を繰り返しているうちに、とうとう気分が悪くなってしまった。

翌朝、管理人の予想は当たっていなかった。
「ようこそ」が上を向いて、横たわっていた。

時間が惜しい。
少々お金がかかっても仕方が無い。専門の人に修理を頼んでみよう。
電話をしたら、
「全部を外して持ってきてください」といわれた。
さぁ、困った。私にばどれを外してよいかまったく分からない。
壊してしまったらどうしよう。

出張修理なら、その点はらくらくクリアーできる。
「よし、電話急げだ」などとダイヤルを回したら、
「今申し込んだとしても、担当者が伺えるのは4日後になります。
その場で直せない場合は、持ち帰り、実費で修理を承ります」

とほほ・・・

そこへ、夫が九州での撮影を終えて帰ってきた。
疲れ果てた私から、ことの次第を聞くなり、
「どれ、貸してみな」とモニターを持ち上げ、いきなりひっくり返したではないか。
「だ、大丈夫 ?」
恐る恐る目を開けてみたら、画面が元に戻っている!!!
その代わり、SAMSUNG のロゴが逆立ちし、足台が頭から生えている。

パソコンは、また働くようになった。

つくづく思うのだが、夫のあたまの柔らかさには脱帽だ。
「逆立ちしていたから、元に戻してやっただけサ」と、彼は笑う。

パニックにならないで、落ち着いてことを考えれば、道はおのずから開けてくるもの、
と学んだパソコン逆立ち事件。

しかしながら、このままでいいのだろうか。今度はどんなことが待ち受けているのか。
私の頭はがちがちの石ころ頭だから、心配でならない。




往く春に

近頃、一日があっという間に後方へ飛び去ってしまう。
加速度がついたように1日tが短く感じられるのは、能率が上がらないからなのだろうか?
きっとこれが老いたということなのだ。

木々の緑も、あっという間に濃くなっている。
時間を捲き戻してみよう。


okagami1.jpg

ここはTBS緑山スタジオ近くの果樹園。
関東地方では珍しくりんごが実り、梨や柿も分けてもらえる。
私は人の気配がないこういう季節が好きだ。
4月19日、柿の枝先はまだ芽吹いたばかりだった。


okagami2.jpg

自然が織り成す見事なタペストリー。
パリのクリニュイ美術館やニューヨークのメトロポリタン・ミュージアムの、
あの作品を思い出した。
ここの図案は、カラスノエンドウ、セイヨウタンポポ、ギシギシ、ヨモギ、オランダミミナグサなど。


okagami3.jpg

春は、タンポポの綿毛と共に、遠くへ飛んで往ってしまったのだろう、きっと。

ゆずの種ですべすべに

連日の庭造りで、朝から外へ出たっきりだ。
帽子は好きだから最初はかぶっているのだが、いつの間にかどこかへ置いたままに・・・・。
妹は「せめて日焼け止めぐらいつけないと」と心配してくれる。
しかし、まどろっこしいし面倒くさいので,買ったはよいもののまるで使っていない。

それでもこの頃、湯上りに手作りのゆずローションをつけるようになった。
美白効果はないものの、肌がすべすべしてじつにきもちがい。
手作りのきっかけは、道の駅から始まった。

夫の撮影について秩父方面へ出かけたのは、3月末のこと。
仕事の合間に立ち寄った道の駅には,
地場産の野菜から保存食、苗や切花、弁当に手芸品など、
じつにバラエティーに富んだアイテムが並べられていた。

その中で、小さなビニール袋の品が妙に気になった。

yuzu1.jpg

表面には、ただ素っ気無く「ゆず」と記したシールが貼ってある。
もう1枚の説明文には、
「1リットルの焼酎( 35度 )に、この種を浸け込み、
1ヶ月ほどそのままにしておくとゼリーが出てくる。
これを化粧水代わりに使うと、肌がすべすべになる」と書いてあった。


yuzu2.jpg

100グラムたったの150円なり。
何粒あるのか知りたくて数え始めたが、無理無理。途中でギブアップ。
奥多摩のゆずの里だから、この値段なのだろう。


yozu.jpg

1ヵ月半焼酎に浸けて完成した「ゆずローション」。
顔ばかりでなく、手や足にもたっぷりつけると気持がよい。

実は数年前に、土佐の高地の日曜市(いち)でも、同じ体験をしている。
こちらもゆずの産地だから、きっと種もたくさん出るのだ。
同じくかんきつ類の夏みかんではどうだろう。
勝手に同じ効果があるかもしれないと思い始めた私は、
この頃、大好物の夏みかんを食べるたびに、種を捨てずに取って置くようになった。

息子のテレビ宣伝で~す

長らくのブログ休みだった。
知人や友人たちが、海外旅行? 病気? 誰か家族に心配なことでも?
などと心配してくれたが、
正解は庭造りが忙しくて、ブログはおろか肝心の写真をとるひまも無かったのだ。

燃えた! 久しぶりに燃えました。
庭のレイアウトをほとんどゼロに戻したところから創り上げていったので、毎日が完全燃焼。
天気もよいし、働いた分だけ結果が見える楽しさに溺れて、
晩御飯の最中に眠ってしまった事が何度もあった。
不思議なことに、作業中は腰の痛みを感じない。
人に頼むと思うとおりにならないので、気がつくと重たいレンガやプランターを移動している。
支柱立てや植え付けもしゃがんでしているのに、そのときは膝も腰も気にならない。
ただし、夜中に目が覚めたときや朝起きるときの痛さには、泣きたくなるほどだ。

日ごろから心配をしてくれている夫からはきつい叱責を受け、
「どんなことになっても、もう知らんぞ」と、見放された状態だ。

それでも、真性ガーデン菌が体内で増殖し、
究極性薔薇熱や香草&芳香植物依存症などの複合病状を呈しているのには困っている。

ここまで書いて孫娘の13歳の誕生日のお祝いに、隣家へ。
帰ってきて続きを書き始めて、気がついた。

いけない、あらあら・・・・・・
ブログを書き終えるまでは「下書き」にし、出来上がって初めて「公開」の状態にするものを、
うっかりして「公開」のままで、出かけてしまった。
なにやら楽屋裏を見られてしまったようで、恥ずかしい。

さて、ここからが本日の本題。
父、広田尚敬と同じ鉄道カメラマンとなった次男の広田泉が、2回にわたってテレビに出演する。
我が子の作品を一人でも多くの方たちに見ていただきたいと思うのが、切なる母心だ。
しかし、やはり照れくさい。
そこで、テレビ局のリリースを書き写してみた。

テレビ局 BSJ (BSジャパン)
日時    2009年5月9日(土) 夜7:30~8:00
        2009年5月16日(土) 同上


番組総合タイトル 「写真家たちの日本紀行」
            未来に残したい日本の情景

タイトル  写真家 広田泉が撮る「春を走る大井川鉄道

今回の放送は、鉄道写真家・広田泉さんが切り取る大井川鉄道・春の情景。静岡県・大井川に沿うように走るこの鉄道は、昭和初期に製造されたなつかしいSLが今でも走っている、まさに動く鉄道博物館。SLの運転技術が、長年の間に若い機関紙たちに受け継がれているのです。そんな大井川のSLの姿を、桜満開の季節に写真に収めたい。広田さんの旅はそこから始まります。
「鉄道写真の神様」と謳われた父・尚敬さんの影響で、2歳の時にSLを写したのが、初めての写真撮影だという広田さん。今回の撮影チャンスはわずか6回。幼い頃から憧れて来たSLの姿を追い求め、桜吹雪の絶景を駆け回ります。

       *        *        *         *        *

     
 昨年、父親の尚敬も同じ番組で、
 荒川の源流から隅田川までたどり、川に架かる橋上の列車をすべて撮り尽くした。
 さて、次男の出来栄えは?
 ルーキーの作品をぜひ見てやってください。
                                         

HOME : TOP

Monthly

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。